初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.コルシが左前腕を手術、次戦欠場

S.コルシが左前腕を手術、次戦欠場

前戦で今季初めて1列目を獲得したコルシが、表彰台争い中に他車の転倒に巻き込まれる形で左前腕を骨折。サーキット近郊の病院で手術を受けたが、次戦を欠場することになった。

NGM・フォワード・レーシングのシモーネ・コルシは31日、シルバーストン・サーキット近郊のオックスフォード市内の病院で開放転位骨折した左前腕、尺骨(しゃっこつ)を手術。復帰の時期は未定だが、ホームレースとなる次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを欠場することになった。

第12戦イギリスGPの決勝レースで、今季の最高位となる3番グリッドから表彰台争いを展開していた13ラップ目、ジョナス・フォルガーの転倒に巻き込まれて、今季7度目の転倒を喫した際に、左前腕が2台のバイクに挟まれて左前腕を骨折。

メディカルセンターから搬送された病院で、4時間に渡る手術により、1枚のプレートと数本のボルトで骨折した骨を固定し、損傷した左手首の伸筋腱を治療した。

Tags:
Moto2, 2014, HERTZ BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›