初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.レディング、2015年にホンダRC213Vで参戦

S.レディング、2015年にホンダRC213Vで参戦

最高峰クラス1年目にホンダのオープンオプションバイク、RCV1000Rを走らせて、ランク12位に進出するレディングが、来年ホンダのファクトリーバイク、RC213Vを使用できることを個人マネージャーが説明したが、所属チームが未定であることを付け加えた。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニからホンダのオープンオプションバイク、RCV1000Rを走らせるスコット・レディングは、最高峰クラス2年目となる2015年に、ホンダのファクトリーマシン、RC213Vを走らせることを、パーソナルマネージャーのミチェル・バルトメリーが説明した。

「7月31日、ホンダとグレシーニからファクトリーバイクが得られることを確認しました。それは我々が望んでいたことであり、彼らと契約を交わした理由であることからり、落ち着きと満足感をもたらしてくれました。それから数日後、ファウスト・グレシーニから来年に関して資金面で問題があり、バイクを入手する資金調達ができるか分からないと伝えられ、そこから多少の問題が始まりました。」

「現時点で、HRCの中本とスッポから、スコットが来年ファクトリーバイクを走らせることを保証してくれていますが、どのチームから参戦するかを確認する必要があります。ルーチョ(LCR・ホンダ)、アスパル(ドライブ・M7・アスパル)と交渉していると思われます。」

「ルーチョとアスパルの状況は分かりません。HRCからの提示を受けた後、マーク・VDS・レーシングのオーナーであるマーク(・ファン・デル・ストラテン)と相談しました。彼はスコットを支援しますが、100%の資金をカバーすることを望んでいません。彼の意向を完璧に理解します。」

「それ以外に、2つのファクトリーがスコットと2年契約を結ぶ意向を示しました。1つのファクトリーは、2016年からの起用ですが、来年他のチームに配置することを強いられます。全ての出来事が遅れていますが、スコットへの関心が高まり、契約を望んでいます。これからはHRCの意向を確認し、グレシーニが契約を自由にすることを確認する必要があります」と、状況を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, Scott Redding, GO&FUN Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›