初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

長島哲太は治療とリハビリに専念、代役は18歳のローカルライダー

長島哲太は治療とリハビリに専念、代役は18歳のローカルライダー

シルバーストンで右脚を骨折した長島が帰国。ホームレースとなる日本GPでの復帰を目指すことになり、所属チームのテルル・チーム・JiR・ウェビックは、今週末のミサノでイタリア選手権で活躍する18歳のカリカスロを代役に指名した。

テルル・チーム・JiR・ウェビックは、今週末にミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで開催される第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPに、前戦イギリスGPで負傷した長島哲太の代役として、イタリア選手権のスーパースポーツクラスに参戦するポイントリーダーのフェデリコ・カリカスロを起用することを発表した。

前戦のフリー走行3で他車の転倒に巻き添えになって、転倒を喫した際に右脚の脛骨と腓骨を骨折、骨盤を骨折、右肩を脱臼した長島は、サーキット近郊の大学病院で手術を受けた後、7日に帰国。ホームレースとなる10月の第15戦日本GPでの復帰を目指して、治療とリハビリに専念。

チームは、現時点で長島の復帰時期が未定なことから、終盤戦に起用するライダーを選出することになり、今週末のホームレースに地元出身の18歳、カリカスロを召集することを決断した。

Tags:
Moto2, 2014, GP TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Tetsuta Nagashima, Teluru Team JiR Webike

Other updates you may be interested in ›