初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、精密検査で右手首骨折が判明

A.デアンジェリス、精密検査で右手首骨折が判明

現役から引退したエドワーズの後任に指名されたデ・アンジェリスが、ホームレースで14位に進出した後、シルバーストンの転倒で激痛を訴えていた右手首を検査した結果、舟状骨の骨折が判明。次戦に向けて治療に専念することになった。

NGM・フォワード・レーシングは17日、アレックス・デ・アンジェリスが第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レース後、サンマリノ市内の病院で痛みを訴えていた右手首の精密検査を受けた結果、舟状骨の骨折が判明したことを発表した。

第12戦イギリスGPのウォームアップ走行で2度の転倒を喫したことから、決勝レース後に右手首の激痛を訴えていたが、ホームレースとなった前戦に参戦して、19番グリッドから14位のポイント圏内に進出。早期回復を目指して、深部加温効果と微弱電流刺激による物理療法テカールセラピーとレーザー治療を受けることになった。

Tags:
MotoGP, 2014, Alex de Angelis, NGM Forward Racing

Other updates you may be interested in ›