初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WWR、A.トヌッチの来季起用を発表

WWR、A.トヌッチの来季起用を発表

2012年の日本GPでキャリア初の表彰台を獲得したトヌッチが、ヤングライダーを積極的に起用するWWRが運営するアンブロージョ・レーシングに移籍することが決定した。

アンブロージョ・レーシングの母体、ワールド・ワイド・レースは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで開催された第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの週末に、アレッサンドロ・トヌッチとの間で2015年の参戦に関して合意したことを発表した。

過去にマルコ・シモンチェリをはじめ、アンドレア・イアンノーネ、ジョナス・フォルガーら将来有望なヤングライダーたちを積極的に起用して、今季は成長著しい走りを見せるブラッド・ビンダーを起用するイタリアンチームは、21歳のイタリア人ライダーを指名。

今季CIP・Moto3から3度のポイント圏内に進出して、ランク21位に位置するトヌッチは、「契約を結べたことが嬉しい。このチームに注目していた。レース毎に進歩して、トップレベルのレースをしている。一緒に成長を続けられるだろう。適した条件の中で、僕のベストだった2012年の日本とオーストラリアの走りを取り戻せるはずだ」と、抱負を語った。

Tags:
Moto3, 2014, Ambrogio Racing

Other updates you may be interested in ›