初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レッドブル・KTM・アジョ、M.オリベイラを2015年に起用

レッドブル・KTM・アジョ、M.オリベイラを2015年に起用

2008年にディ・メッリオ、2010年にマルケス、2012年にコルテセを起用してタイトル獲得に成功したアジョ・モータースポーツが、来季最高峰クラスに飛び級するポイントリーダーのミラーの後任にオリベイラを指名した。

レッドブル・KTM・アジョ・モータースポーツは18日、ミゲール・オリベイラとの間で2015年の参戦に関して合意したことを発表。ポイントリーダーとしてタイトル争いを展開し、来季最高峰クラスに進出するジャック・ミラーの後任の1人として起用することになった。

KTMのスポーティングディレクター、ピット・バイラーは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで開催された第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの週末に当サイトのインタビューに応え、「まだ100%確定した訳ではないが、(ファクトリーチームは)カレル・ハニカ、ブラッド・ビンダー、ミゲール・オリベイラの組み合わせになるだろう」と、発言。

来年の体制に向けて準備を進めるチームマネージャーのアキ・アジョは、「ミゲールを2015年から起用できることが大変嬉しいです。彼はパドック内で最も才能のあるライダーの1人であり、まだ若いですが、125ccクラスとMoto3™クラスの経験が豊富です。我々は、レッドブルをはじめとするスポンサーと共に戦闘能力を維持するため、ベストリザルトを獲得するために働き、彼の加入により、目標を達成するポテンシャルを持つことになります」と、起用の理由を説明。

来年参戦5年目を迎えるランク9位のポルトガル人ライダーは、「非常にプロ意識が高いチームに加わることができ、とても嬉しい。来年は上位争いが許されるだろう。アキは以前から僕への関心を示してくれたけど、合意に至らなかったから、今回KTMを走らせる彼のチームから参戦できることが決まって、すごく嬉しい」と、抱負を語った。

Tags:
Moto3, 2014, Miguel Oliveira, Red Bull KTM Ajo

Other updates you may be interested in ›