初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第14戦アラゴンGP:Moto3™プレビュー

第14戦アラゴンGP:Moto3™プレビュー

ポイントリーダーのミラーに対して、ランク2位のマルケスと2連勝でランク3位に浮上したリンスが接近。地元でタイトル争いに返り咲きたいランク4位のバスケス、来季のシートが決定したランク5位のフェナティ、ランク7位のビニャーレス、ランク9位のオリベイラ、好調バスティアニーニ、ビンダーらが優勝、表彰台に挑戦する。

第14戦アラゴンGPは、モーターランド・アラゴンで26日に開幕、28日に決勝レースが行われ、ポイントリーダーのジャック・ミラーが残り125ポイントの争いで、9ポイント差のアドバンテージを持って乗り込む。

今季7度目の表彰台を獲得した前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP後、来季最高峰クラスに挑戦することが決定したミラーは、昨年20番グリッドから13位だった当地で、巻き返してきたタイトル争いのライバルたちの挑戦を受ける。

2戦連続2位を獲得したランク2位のアレックス・マルケスと2連勝を達成したランク3位のアレックス・リンスは、昨年3位と優勝を飾った当地で前戦前に2日間のプライベートテストを実施。9ポイント差と20ポイント差を詰めに行く。

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップから成績不振の後任に指名されたランク2位のホルヘ・ナバーラ、ランク4位のアンドレア・ミニョに加わり、ランク3位の尾野弘樹とランク6位のガブリエル・ロドリゲスがワイルドカードとして参戦する。

Tags:
Moto3, 2014, GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN

Other updates you may be interested in ›