初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「残念だけど、僕は100%」

V.ロッシ:「残念だけど、僕は100%」

今季4度目の転倒で、今季初めての転倒リタイヤを喫したロッシだったが、怪我がなく、100%の状態であることを説明。転倒を振り返り、次戦日本GPからの3連戦に全力を尽くすことを語った。

モビスター・ヤマハ・MotoGPは29日、第14戦アラゴンGPの決勝レースで転倒リタイヤを喫したバレンティーノ・ロッシのショートインタビューをプレスリリースで配信。転倒で頭部を強打したが、100%回復したことを説明して、3連戦に全力を尽くすことを主張した。

今日の状態はどうだい?
「僕は大丈夫。全てOK。それが一番大切なことで、頭部を打ったけど怪我はない。昨日の午後は、まだ頭が少し痛かったけど、今日は大丈夫。僕は100%だ。」

「セッティングの変更は、僕を助けてくれた。そのことは確かだから本当に残念だった。バイクは速く、最初の数ラップでギャップを巻き返して、トップグループに位置した。快適さを感じていたし、グッドなレースができたはずだから、あの転倒は残念だった。トラックは僕たちにとって有利ではなく、難しい週末だったけど、日曜は戦闘力があったから、ある意味では満足だ。」

レースを見たかい?転倒とライバルたちのレースに関して、何か言えることは?
「イアンノーネは、人工芝の上を通過することを強いられたから、同じように不運だった。特に雨で濡れているときには非常に危険だ。マルクとダニは、スリックタイヤで走り続けようとしたけど、大きなリスクを背負い、その代償は高くついた。僕の場合、もしかしたら、1メートルほど手前でコースアウトしていれば、単に直進するだけで済んだかもしれない。その反対で、芝生を踏んでしまい、転んでしまった。

アジア遠征で期待することは?
これから3連戦を迎える。熟知する大好きなサーキットでの3レースだ。この数戦のようにベストを尽くそう。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN

Other updates you may be interested in ›