初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシが転倒と安全面に関して説明

V.ロッシが転倒と安全面に関して説明

前戦でハードクラッシュを喫して脳震盪を受けたロッシが、元気な姿でツインリンクもてぎに登場。イタリアの放送局、スカイ・スポーツ・MotoGPのインタビューに対して、転倒を振り返り、定期的に実施されるセーフティ委員会でフラッグ・トゥ・フラッグに関して話題に挙げることを説明した。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは9日、第15戦日本GPのプレスカンファレンスに出席。今季初のリタイヤを喫した前戦アラゴンGPの転倒を振り返り、フラッグ・トゥ・フラッグ及びF1ドライバーのジュール・ビアンキの事故に関して言及した。

アラゴンの転倒から回復したかい? イエス。僕は大丈夫。激しい転倒だったけど、2時間後には大丈夫だった。問題なし。全てを憶えている。ちょっとした脳震盪だったと言えるけど、全ては解消した。僕は以前のようだ。それより良くなっていなかった。もしかしたら、その好機だったかもしれない(笑)。

バイクに激突したのでは? バイク、リアタイヤに激しくぶつかったと思う。転んだときのことを良く憶えている。タイヤが頭部の右側にぶつかった。あの激突で無意識になってしまった。

意識を失ってしまった? もしかしたら、1分ほど。ちょっとした昼寝だったと言えるだろう。

今の状態は100%? イエス。自宅で落ち着いて休息を取ったけど、転倒で指を骨折してしまった。これは問題。普通の生活に支障はないけど、走ると気になる。火曜に市販車に乗ってみたけど、非常に痛かった。ちょっとした骨折で、右手の人差指、ブレーキングの際に非常に重要な指だから、あまり悩まされないことを願う。

特にジュール・ビアンキの事故の後、安全面に関する意見は? ライダーたちがフラッグ・トゥ・フラッグに不満があるというのを聞いた。明日のセーフティ委員会で話題になるだろう。確かに少し危険で、特に多くの場合、濡れた路面の上をスリックタイヤで走り続けなければいけない。危険な状況だけど、フラッグ・トゥ・フラッグは雨の場合において、レースを中断させる必要がないための解決策。確かに、レースをストップさせれば、危険は低くなるけど、明日話し合おう。

ビアンキに関しては、本当に申し訳ない。マドンナ・ディ・カンピーリオで1度一緒になって知り合った。とてもナイスガイで、若く、素晴らしいタレントの持ち主。本当に残念だ。トラクターがエスケープゾンにいることはできないから、非常に不運だった。もしかしたら、ミスかもしれない。もし、トラクターがエスケープゾンで作業に取り組む必要があれば、レースを中断させるか、最低でもセーフティカーが仲介しなければいけなかっただろう。

Tags:
MotoGP, 2014, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›