初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2年連続優勝のロレンソ:「マルクはシーズンを通じてベストだった」

2年連続優勝のロレンソ:「マルクはシーズンを通じてベストだった」

2戦連続優勝、2年連続優勝に自信と手応えを膨らませたロレンソが、チャンピオンに輝いたマルケスを称えると共に、僅か3ポイント差に詰まった2年連続のランク2位を目指すバトルに興奮した。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第15戦日本GPの決勝レースで、5番グリッドから優勝。前戦アラゴンGPから2戦連続の優勝、昨年の同大会から2年連続の優勝を挙げて、ランク2位とランク3位とのギャップを3ポイント差に詰めることに成功した。

ウォームアップ走行で2番手に進出した後、2列目から1ラップに2番手に、5ラップ目に1番手に浮上。安定した1分45秒台のペースで周回を重ねて、「本当に難しいレースだった。もしかしたら、トップ4のペースがすごく激しかったかもしれない。マルクは少なくても2位を狙っていたし、バレンティーノは僕に接近したかったから、みんなが激しくプッシュした。」

「バレンティーノは最初の2ラップがすごく速かったけど、ペースが落ち始めたから、素早く抜くことができた。マルクが速いことは分かっていたけど、バレンティーノが少し食い止めてくれることを期待した。僕たちのライバルたちのホームで優勝できたことがすごく嬉しい。」

「2連勝が本当に嬉しい。アラゴンでは状況が助けてくれた。優勝できるとは思っていなかった。ここではグッドなペースがあり、優勝という形でヤマハに感謝を示したかった。バイクは非常に戦闘力が高い。バレンティーノとマルクは終盤に入って非常に速かったから少し神経質になってしまったけど、僕たちのアドバンテージは十分だった。」

「これからは、ランク2位を目指して闘う。僕たちは3ポイント差だから、非常に接近した面白い争いとなるだろう。マルクはチャンピオン。シーズンを通じてベストだった。チャンピオンに相応しい」と、ライバルを祝福する共にランク2位に挑戦することを強調した。

Tags:
MotoGP, 2014, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›