初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス:「毎戦全力を尽くし楽しむことに集中した」

M.マルケス:「毎戦全力を尽くし楽しむことに集中した」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、3年連続4度目、最高峰クラスで2年連続2度目のタイトルを獲得した後、心境を明かし、1戦1戦を全力で挑戦して、楽しんだことを説明。チャンピオンシップ史上初となる兄弟チャンピオンに向けて応援することを語った。

タイトル獲得は10連勝よりも難しかったか?
本当に、ここ2戦のミスでタイトルを獲得ということをより評価した。シーズン前半はとても良かったけど、まるでタイトルが届かないように思えた。ミスを犯してしまい、もしかしたら、重要なポイントのアドバンテージを得たことで、自信過剰を招いてしまったかもしれない。あの連勝で通常よりも少しだけリスクを犯すことが許されたけど、ここでタイトルを獲得したかったことは、ハッキリしていた。最終的にホンダのホームだったのは、ナイスだった。

5年間で4度のタイトル獲得に成功。超特急でキャリアを突っ走っているような印象があるけど?
そのようなに理解していない。一番重要なのは、明日がどうなるか決して分からないから、その瞬間を楽しむこと。タイトルを獲得して、これまでの優勝と同じように祝わないと。チームと祝杯を共有することはナイスだ。

獲得してきた1つ1つのタイトルで際立ったことは?
当然、それぞれのタイトルが特別で、それぞれの瞬間があった。125ccクラスは、初タイトルということで、すごく感激的だった。それに、最終戦までもつれ込んだから最も難しかった。Moto2™クラスは、満足感。そして、ちょっとした激怒。負傷で5ヶ月間を費やしてしまったから。1年目のMotoGP™クラスはビックサプライズ。これが見出しとなるだろう。最後はホンダに感謝したい。僕のスタッフたちをチームに加えることを許してくれ、ボックス内の雰囲気は最高だった。

昨年より改善された面は?
全ての分野で良くなるようにトライしているけど、確かに『バイク&ライダー』のパッケージに対して大きく適応した。僕たちのライディングスタイルに集中した車体を開発して、これがライディングの向上に集中することに役立った。

これからの残り3戦に対して、どのように挑むか?
楽しむことを考えて挑戦する。ランク2位争いが佳境を迎え、他のライダーたちも全開で挑んで来るけど、僕は全力を尽くして、エンジョイすることに集中しよう。

弟アレックスはMoto3™クラスを制覇するだろうか?
挑戦しよう!彼を全力で応援する。ポイントリーダーは大きな重圧を背負うことになるから、プレッシャーから解放させたい。上手くマネージメントできるために、落ち着かせることが重要だけど、僕の経験からチャンピオンシップを長く感じるし、残り3戦で全てのことが起きてしまう可能性がある。

冬の計画は?
まだ何も考えていない。他のことに時間を失いたくなかった。ここまではチャンピオンシップのことだけに集中したかった。

Tags:
MotoGP, 2014, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›