初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

E.アルサモーラ:「今日はクレバーなマルクを観ました」

E.アルサモーラ:「今日はクレバーなマルクを観ました」

ホンダのホームサーキットで、最高峰クラス2連覇、通算4度目のタイトル獲得に成功したマルケスのパーソナルマネージャー、アルサモーラが重圧をはねのけて、賢く、利口的な走りだったことを説明した。

ツインリンクもてぎで開催された第15戦日本GPで、2014年のシリーズチャンピオンに輝いたマルク・マルケスのパーソナルマネージャー、元125ccクラス王者のエミリオ・アルサモーラは、緊迫の決勝レースを振り返り、目標に向けて利口的な走りだったことを評価した。

「チーム、ホンダ、レプソル、マルクを支援する全ての人たちにとって大変重要な日です。信じられないほどのチャンピオンシップだと思う。特に昨年と今年のタイトルが印象的です。マルクはこれから、弟のアレックスと友人たちと一緒に最高に盛り上がります。」

「既に多くの経験を積みました。私は常に何かを助言しようと試みて、彼も常に耳を貸します。ホルヘ(・ロレンソ)のことを忘れ、バレンティーノ(・ロッシ)、ダニ(・ペドロサ)の2人だけを考え、レースに落ち着いて臨むために、グッドなペースを掴む必要があることから、ウォームアップ走行に集中しなければいけないと伝え、そのようなレース運びをしました。」

「ホンダのホームレース、ミサノとアラゴンのミスにより、大きな重圧がありました。通常なことで、序盤は望むように攻めることができませんでした。当然のことで、これでレースが困難になりましたが、彼がクレバーなライダーであることを観ました」と、レースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›