初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第16戦オーストラリアGP:MotoGP™クラスプレビュー

第16戦オーストラリアGP:MotoGP™クラスプレビュー

前戦でタイトル争いに終止符が打たれ、残り3戦の注目は、ロッシ、ペドロサ、ロレンソの3人によるランク2位争い。エスパルガロ兄は、オープンオプションのチャンピオン獲得に王手をかければ、タイヤサプライヤーのブリヂストンは、テストを経て、フロントの左右非対称コンパウンドを初めて投入する。

第16戦オーストラリアGPは、フィリップアイランド・サーキットで17日に開幕、19日に決勝レースが行われ、前戦日本GPで2年連続のタイトル連覇に成功したマルク・マルケスがチャンピオンとして乗り込み、3人によるランク2位争いに注目が集まる。

当大会が初めて開催されたのは、25年前の1989年。最初の2年間は、南東部ビクトリア州のウェスタンポートワンの入り口に浮かぶフィリップ島にある当地で開催された後、東南部ニューサウスウェールズ州の州都シドニー郊外のイースタン・クリーク・レースウェイで6年間開催。1997年から当地に戻り、今年で18年連続20回目の開催を迎える。

ランク2位を争うのは、バレンティーノ・ロッシ、ダニ・ペドロサ、ホルヘ・ロレンソの3人。前戦で今季10度目の表彰台を獲得したロッシは、最高峰クラスに進出した2000年から2010年まで11年連続して表彰台を連取、2001年からは5年連続の優勝を挙げ、昨年も2位に進出するなど強さを証明。

ランク2位と同点のランク3位に後退したペドロサは、当地では2006年から優勝はないが、昨年の2位を含めて2度の表彰台を獲得。ランク3位のロレンソは、後半戦最多ポイントを稼ぎ、2連勝の勢いに乗って、昨年安全面を考慮したフラッグ・トゥ・フラッグで優勝を挙げた高速トラックに挑戦する。

前戦で今季初のポールポジションを獲得したランク5位のアンドレア・ドビツィオーソは、チームメイトのカル・クラッチロー、ランク2位を争う3人と共に3月3日から3日間、当地で開催されたタイヤテストに参加。当時のデータを参考にプラクティスを開始する。

オフィシャルタイヤサプライヤーのブリヂストンは、フロントタイヤに左右非対称のコンパンドを初めて投入。第11戦チェコGP後のオフィシャルテストで試して、当大会と最終戦バレンシアGPに準備する。

ランク2位争いに注目が集まる中、オープンオプションの最高位に進出するランク6位のアレイシ・エスパルガロとランク13位のスコット・レディングとのギャップは、残り3戦75ポイントの争いの中で57ポイント差。2012年から2年間CRTの最高位に進出したエスパルガロ兄がタイトル獲得に王手をかけた。

Tags:
MotoGP, 2014, TISSOT AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›