初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのマルケスは優勝、ペドロサはランク2位を狙う

レプソル・ホンダのマルケスは優勝、ペドロサはランク2位を狙う

2014年王者として、昨年は周回数間違いで失格、今年は負傷でテスト不参加したマルケスが高いモチベーションを持って豪州に移動すれば、昨年2位、テストでタイヤ性能を確認したペドロサが、ランク2位獲得に挑戦する。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦日本GPで史上最年少の2連覇を達成して、今週末にフィリップアイランド・サーキットで開催される第16戦オーストラリアGPに2014年王者として乗り込み、ダニ・ペドロサはランク2位争いに挑戦する。

ホンダのライダーとして、初めてツインリンクもてぎでタイトル獲得に成功したマルケスは、昨年ライダーの安全面を考慮してバイクを強制的に交換するフラッグ・トゥ・フラッグでピットインのタイミングを誤って、黒旗失格のペナルティを受けた後、2月にはトレーニング中に右脚腓骨を骨折したことから、当地で開催されたタイヤテストを見送ったが、1シーズンの最多優勝(12勝:1997年M.ドゥーハン)、最多ポールポジション(12回:1997年M.ドゥーハン&2011年C.ストーナー)、最多獲得ポイント(383ポイント:2010年J.ロレンソ)に挑戦。

「まだ数日前のタイトル獲得に興奮している。最高峰クラスの最初の2年間で2年連続して勝ったことは、本当に夢のようだ。これから少しリラックスできるけど、それほどではない。」

「僕はまだ勝ちたい。最高な形でシーズンを締め括りたい。フィリップアイランドは、僕にとって悪夢だったから、ペンディングなんだ。好きなサーキットですごく楽しい週末を本当に楽しむために好天候に恵まれること願う」と、高いモチベーションを持って乗り込む。

前戦の4位でランク2位と同点のランク3位に後退したペドロサは、2005年に当地で250ccクラスのタイトル獲得に成功したが、最高峰クラスに進出した2006年からは優勝はなく、2度の表彰台を獲得して、昨年の2位が最高位。3月にはホンダを代表して、タイヤテストに参加した。

「日本のレースは少し欲求不満だったから、フィリップアイランドに早く行きたい。シーズン前にテストを実行したけど、どのようなコンディションなのか確認しないと。目標は、もちろん、ランク2位の獲得。そのために100%で尽くす」と、ランク2位を争うバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2014, TISSOT AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›