初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネ、事故はブレーキと減速ミスが原因

A.イアンノーネ、事故はブレーキと減速ミスが原因

初日から上位に進出して、上位進出に期待が高まったイアンノーネだったが、スタート直後に順位を落とした後、6ラップ目にペドロサ車に激突。ハードブレークとソフトダウンがアクシデントの原因だったことを説明した。

プラマック・レーシングのアンドレア・イアンノーネは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、7番グリッドから他車に激突転倒。今季14度目の転倒、今季4度目の転倒リタイヤ、今季5度目のリタイヤでランク8位から9位に後退した。

前戦日本GPで6番グリッドから6位に入り、昨年のベストリザルトとなる8位に進出したフィリップアイランドに乗り込むと、フリー走行1から3番手、3番手、3番手。フリー走行4で今季4度目の1番時計を記録。ウォームアップ走行で4番手に進出した後、3列目から1ラップ目に11番手まで後退。8人による4位争いを展開していた6ラップ目にブレーキングでダニ・ペドロサに激突して転倒を喫した。

「すごく良いスタートだったけど、1コーナーで他車と接触して、ワイドになることを強いられ、大きく順位を落としてしまった。不運にも、レースに復帰したときには、大きなリスクを背負うことを強いられた。アクシデントは、ハードブレーキングだけでなく、1速にシフトが入らなかったことが原因。完走できなかったこと、ダニのレースがそこで止まってしまったことが申し訳ない」と、事故の原因を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, TISSOT AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›