初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第17戦マレーシアGP:Moto2™クラスプレビュー

第17戦マレーシアGP:Moto2™クラスプレビュー

残り2戦、50ポイントの争いで、ポイントリーダーのラバットがランク2位のカリオに対して、41ポイント差のアドバンテージ。カリオが今季4勝目を挙げても、ラバットが7位以内に進出すれば、タイトル争いに終止符が打たれる。

第17戦マレーシアGPは、セパン・インターナショナル・サーキットで24日に開幕、26日に決勝レースが行われ、開幕戦カタールGPからポイントリーダーとしてタイトル争いの主導権を握るエステベ・ラバットが、前戦オーストラリアGPで2戦連続9度目のポールポジションから6戦連続12度目の表彰台を獲得して、昨年ポール・トゥ・ウインを決めた当地で、初タイトル獲得に挑戦する。

前戦でチームメイトのタイトル獲得を阻止したランク2位のミカ・カリオは、残り2戦、50ポイントの争いで41ポイント差。昨年5番グリッドから4位に進出した右回りトラックで、残された僅かな可能性に挑戦する。

前戦で今季3勝目、7度目の表彰台を獲得したランク3位のマーベリック・ビニャーレスは、ポイントリーダーから61ポイント差。1年目のルーキー・オブ・ザ・イヤー&チャンピオンのダブルタイトル獲得の可能性を失ったが、ランク2位に対して20ポイント差に接近。

タイトル争い同様に注目が集まるのは、好調な走りでランク4位に浮上したトーマス・ルティ、Moto3™クラスで優勝経験があるランク8位のサンドロ・コルテセとランク10位のルイス・サロン、熟知したトラックで好走を見せるランク13位のサム・ロース、2年前に鮮烈な走りを見せたランク18位のハーフィス・シャハリン。

5戦連続10度目のポイント圏内に進出したランク22位の中上貴晶は今季初の1桁台進出を目指し、長島哲太の負傷代役に指名されている小山知良が3戦目に挑む。

Tags:
Moto2, 2014, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP

Other updates you may be interested in ›