初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、昨年1-2位のセパンで巻き返しを狙う

レプソル・ホンダ、昨年1-2位のセパンで巻き返しを狙う

マルケス&ペドロサ体制になってから初めてダブルリタイヤを喫したフィリップアイランドの後、昨年シーズン5度目の1-2位フィニッシュを決めたセパンで、今年4度目の1-2位フィニッシュ、8度目のダブル表彰台を狙う。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、オーストラリアからインドネシア経由でマレーシア入り。昨年シーズン5度目となる1-2位フィニッシュを挙げたセパン・インターナショナル・サーキットで、ダブルリタイヤを喫した前戦オーストラリアGPからの巻き返しを目指す。

フィリップアイランド・サーキットでは、マルケスが1番手走行中に転倒リタイヤ、ペドロサが他車に追突されてリタイヤ。当チームが0ポイントだったのは2010年10月の第16戦オーストラリアGP以来。ペドロサが第15戦日本GPで左鎖骨を骨折したことから欠場、アンドレア・ドビツィオーソがテクニカルトラブルでリタイヤを決断した。2人がスタートして、0ポイントだったのは2009年6月の第7戦TTアッセン以来。ペドロサとドビツィオーソが揃って転倒リタイヤを喫した。

前戦で今季初のリタイヤを強いられ、ランク4位に後退したペドロサは、最高峰クラスに進出した2006年から4年連続して表彰台を獲得。2010年は左鎖骨骨折で欠場、2011年は中止となったが、2012年から2年連続の優勝。2月のオフィシャルテストでは総合6番手と2番手に進出。

「フィリップアイランドのことを後にして、今週末のレースに集中できることが嬉しい。誰もが熟知しているトラック。天候が原因で体力面の要求が厳しくなるだろう。トラックは高速と低速のコーナー、ハードブレーキング、ロングストレートと全ての要素を備えている。2位争いにもう一度戻れるために、レースでベストなオプションが許させるグッドなセットアップを整えたい」と、ランク2位との25ポイント差を詰めに行く。

前戦で今季初の転倒リタイヤを喫した王者マルケスは、昨年2位、最初のオフィシャルテストで3日間連続の1番時計を連発。「オーストラリアで起きたことは残念だったけど、既にチャンピオンシップを制したから、幸運にも異なる戦略を試しているところ。」

「セパンは好きなサーキット。昨年ホンダは良く機能して、ダニが優勝、僕が2位。特にブレーキングでベストなセッティングを見つけることが非常に重要だから、レースに向けて金曜から懸命に仕事をする必要がある」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2014, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP

Other updates you may be interested in ›