初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポイントリーダーのラバットがタイトル獲得に王手

ポイントリーダーのラバットがタイトル獲得に王手

残り2戦、50ポイント。ポイントリーダーのラバットは、ランク2位のカリオに41ポイント差のアドバンテージを得ていることから、ライバルが今季4勝目を挙げても、昨年ポール・トゥ・ウインを決めたセパンで7位以内に進出すれば、フル参戦8年目で初のチャンピオンに輝く。

マーク・VDS・レーシングのエステベ・ラバットは、前戦オーストラリアGPで6戦連続12度目の表彰台を獲得。ランク2位のミカ・カリオに対して、38ポイントから41ポイント差にアドバンテージを広げたことから、昨年ポールポジションから優勝を挙げたセパン・インターナショナル・サーキットで、タイトル獲得の可能性が広がった。

タイトル獲得の条件
・ カリオが優勝しても、ラバットが7位以内に進出した場合。
・ カリオが2位に進出しても、ラバットが12位以内に進出した場合。
・ カリオが3位以下の場合、ラバットは0ポイントでもタイトル獲得。

Tags:
Moto2, 2014, SHELL ADVANCE MALAYSIAN MOTORCYCLE GP, Tito Rabat, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›