初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

元王者ストーナーがもてぎで2日間のテストを実施

元王者ストーナーがもてぎで2日間のテストを実施

昨年計4回のプライベートテストを実施した元王者のストーナーだったが、悪天候に見舞われてしまい、キャンセルとなったテスト日があったことから、その振り替えて、今回2日間のテストに取り組み、最終戦後にマルケスとペドロサが本格的にテストを開始する2015年型のRC213Vを走らせた。

HRCと元MotoGP™クラス王者のケーシー・ストーナーは30日、日本GPの開催地、ツインリンクもてぎで実施した2日間のプライベートテストを終了。2015年型のプロトタイプマシン、RC213Vに乗り込み、エンジン開発及び異なるセットアップを検証。現行スペックのブリヂストンと2016年に向けて開発が進むミシュランのタイヤもテストした。

2日間良好な天候に恵まれた中、昨年10月末にスポーツランドSUGOで実施されたプライベートテスト以来となるテスト走行を終えたストーナーは、「バイクを走らせるのが1年ぶりだから慣れるのに少し時間を費やしたけど、全てが良い感じで、バイクに慣れてからは調子を取り戻して、HRCが計画したテストプログラムに取り組んだ。」

「初日はすごく良かった。2015年型のプロトタイプマシンでマルクとダニのセットアップを試し、分析。有効なデータを収集し、興味深い違いが見つかった。今回のテストに投入された新しいアイテムやエンジン開発にも少し取り組んだ。今日は2016年に向けたミシュランタイヤも試した。2日間のテストはとてもポジティブで、沢山の周回を重ねた」と、2日間のテストを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, Casey Stoner, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›