初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

最終戦バレンシアGP:Moto2™クラスプレビュー

最終戦バレンシアGP:Moto2™クラスプレビュー

最高峰クラスに続き、タイトル争いに終止符が打たれた中量級。エリアス、ブラドル、マルケス、エスパルガロに続きて、Moto2™クラス5代目の王者に輝いたラバットが、チャンピオンとして凱旋。ランク2位をカリオとビニャーレス、ランク4位をルティとエガーターが争う。

最終戦バレンシアGPは、リカルド・トルモ・サーキットで7日に開幕、9日に決勝レースが行われ、前戦マレーシアGPでMoto2™クラス5代目のチャンピオンに輝いたエステベ・ラバットが地元に凱旋。身体面と精神面で厳しかった3連戦を終えながら、休日を返上して、アルメリア・サーキットで走り込み、昨年4番グリッドから5位、今年2月のオフィシャルテストで総合1番手に進出した当地で5戦ぶりの優勝、今季8勝目を目指す。

前戦で今季10度目の表彰台を獲得したランク2位のミカ・カリオは、タイトル獲得を逃したが、昨年12番グリッドから14位だったトラックで中量級での自己最高位ランク2位を確保したいところ。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得したランク3位のマーベリック・ビニャーレスは、2戦連続4勝目で、ランク2位に15ポイント差に接近。昨年Moto3™クラスで3番グリッドから優勝して、逆転でタイトル獲得を達成した地元でランク2位の獲得に挑戦。

後半戦から安定して上位に進出してきたトーマス・ルティと来季のチームメイト、ドミニケ・エガーターがランク4位を争い、フランコ・モルビデッリ、ルイス・サロン、マンセル・シュレッターがランク9位を争う。

厳しいシーズンとなったランク22位の中上貴晶は、2月のオフィシャルテストで総合3番手に進出したトラックで、来季を視野に入れて、今季初のシングルフィニッシュを狙う。

最終戦後、複数のチームは、スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットに移動して、12日から3日間のプライベートテストを実施。来季に向けて、準備を開始する。

Tags:
Moto2, 2014, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›