初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者ラバット、最終戦での記録更新の可能性

王者ラバット、最終戦での記録更新の可能性

Moto2™クラス5代目のチャンピオンに輝いたラバットが、最終戦で中量級の年間獲得ポイント、年間最多表彰台獲得、年間最多ポールポジション獲得の記録に挑戦する。

前戦マレーシアGPでチャンピオンシップ初制覇を達成したマーク・VDS・レーシングのエステベ・ラバットは、複数の記録を更新する可能性を持って、今週末にリカルド・トルモ・サーキットで開催される最終戦バレンシアGPに挑戦する。

326ポイント – 前戦終了時点で326ポイント。2010年のトニ・エリアス(271ポイント)、2011年のステファン・ブラドル(274ポイント)、2013年のポル・エスパルガロ(265ポイント)を上回り、最終戦で13位以内に進出すれば、2012年にマルク・マルケスが樹立した中量級の史上最多獲得ポイントの328ポイントを更新。

年間17回目のトップ10進出 – ラバットとランク2位のミカ・カリオは、17戦中全戦でトップ10入り。昨年のエスパルガロ弟、スコット・レディング、カリオ自身が記録した年間14回だけでなく、2010年のエリアス、2011年のブラドル、2012年のマルケスが記録した年間15回を更新。

13回目の表彰台 – 前戦でシーズン13回目の表彰台を獲得。最終戦でトップ3以内に進出すれば、2012年にマルケスが樹立した中量級の年間最多表彰台回数記録(14回)に並ぶ。

10回目のポールポジション – 前戦でシーズン10回目のポールポジションを獲得。1981年のトニ・マング、2006年のホルヘ・ロレンソが樹立した中量級の年間ポールポジション獲得回数に並んだ。

Tags:
Moto2, 2014, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Tito Rabat, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›