初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、豪州に続いてフロントに左右非対称コンパウンドを投入

ブリヂストン、豪州に続いてフロントに左右非対称コンパウンドを投入

最高峰クラスのライダーたちを足元からしっかり支えて行くタイヤサプライヤーのブリヂストンは、オーストラリアで初投入したフロントの左右非対称コンパウンドをオプションとして投入する。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にリカルド・トルモ・サーキットで開催される最終戦バレンシアGPに向けて、トラックレイアウト、路面状態、過去のデータ、気象状況を想定して、第16戦オーストラリアGPで初めて投入したフロントの左右非対称コンパウンドを準備。リアには左右で2ステップ差の非対称コンパウンドを投入する。

1999年の初開催から今年で16年目、2002年から13年連続して最終戦の舞台に指名された当地は、1周4,005メー トル、左10コーナー、右5コーナー。平均速度は時速157キロと、インディアナポリスGPの開催地、インディアナポリス・モータースピード・ウェイ(平均速度時速152キロ)に次いで2番目の低速トラック。

トラックは、右コーナーが少なく、気温が低いことから、タイヤの右側は温まりが良くない上、30周のレース周回数により、タイヤの左側は耐久性が厳しくなることから、リアタイヤは右側が柔らかい左右非対称コンパウンドを準備。

オープンオプションとドゥカティにソフト(白)とミディアム(黒)、ファクトリーオプションにミディアム(黒)とハード(赤)。今回は左右で2ステップ差(ソフトは1ステップ差)の非対称コンパウンドを準備して、ソフト(白)とミディアム(黒)の右側はエキストラソフト、ハード(赤)の右側はソフトを使用。

フロントタイヤには、ソフト(白)とミディアム(黒)。オプションとして、フィリップアイランドで初投入したソフトの左右非対称コンパウンド(右側がエキストラソフト、左側とセンターがミディアム)も投入。

ウェットタイヤは、ソフト(白)をメインに、ハード(赤)をオプションとして準備する。

Tags:
MotoGP, 2014, GP GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›