初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イデミツ・ホンダ・チーム・アジア、来季チーム体制を継続

イデミツ・ホンダ・チーム・アジア、来季チーム体制を継続

アジア地域におけるホンダのレース活動と連動し、世界舞台にチャレンジするヤングライダーたちに夢を具体化することを目標に2013年から参戦するイデミツ・ホンダ・チーム・アジアが、参戦3戦目に向けて、ランク22位の中上とポイント圏内の進出を目指すアズランを継続起用する。

イデミツ・ホンダ・チーム・アジアは、最終戦バレンシアGPの開催を前日に控えた6日、参戦3年目となる2015年のチーム体制を発表。タイトルスポンサーとして出光興産の支援を受け、中上貴晶とアズラン・シャー・カマルザマンを継続して起用する。

チーム代表の岡田忠之は、「チーム成立2年目の今季は、トップチームが採用するハードを揃え、中上とアズランのアジアを代表するライダーを起用して勝てる体制で臨みました。開幕戦はウインターテストからの好調を維持し表彰台を獲得しましたが、残念なことにレース後の車検で失格により、出鼻をくじくシーズンスタートとなってしまいました。その後のラウンドでは、ポジション的に厳しい状況となり、シーズンを通して良い流れを作り切れずこの世界の厳しさを痛感しました。」

「2015年はメインスポンサーの出光興産をはじめ、支えてくださる皆様の期待に応えられるように、同じ体制でこれまでの経験と反省を踏まえて、強いチームと認められるように更に強化し、チャンピオン獲得を目指して全力で戦います」と、来季への抱負を語った。

Tags:
Moto2, 2014, Azlan Shah, Takaaki Nakagami, IDEMITSU Honda Team Asia

Other updates you may be interested in ›