初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中量級&軽量級がヘレスで合同テストを実施

中量級&軽量級がヘレスで合同テストを実施

最高峰クラスがバレンシアでオフィシャルテストを実施すれば、中量級の14チームと軽量級の5チームは、イベリア半島を南下して、ヘレスに集結。Moto2™クラス連覇を目指すラバット、新天地に移籍したカリオ、カレックスに乗り換えるルティとエガーター、軽量級から昇格してきたマルケスとリンス、巻き返しを目指す中上らが2015年シーズンに向けて、12日から3日間のプライベートテストに取り組む。

Moto2™クラスとMoto3™クラスは、12日から3日間、来年5月の第4戦スペインGPを開催するヘレス・サーキットでプライベートテストを実施。2015年シーズンの準備を目的に19チームから34名のライダーが参加を予定している。

中量級は、14チームから23名。チャンピオンチームは、活動名をエストレージャ・ガルシア・マーク・VSDに変更。最終戦バレンシアGPの決勝レースでゴールライン直前にガス欠で優勝を逃した王者エスベテ・ラバットが、トレーニングの拠点であるアルメリア・サーキットを経由して当地に入り、2015年型のカレックスでテストを開始。

最高峰クラスのオフィシャルテスト1日目に参加したMoto3™クラス王者のアレックス・マルケスは、ホンダRC213Vをテストした後、ヘレスに移動。チーフメカニックの金子直也と共に250ccマシンから600ccマシンへの乗り換えを始める。

ランク2位のミカ・カリオは、新天地のイタルトランスからテストデビュー。チーフクルーには、今季までアルバロ・バウティスタとコンビを組んだアントニオ・ヒメネスが就任すれば、参戦1年目に好走を見せたフランコ・モルビデッリが2年目の飛躍に挑戦。

最高峰クラスに昇格したマーベリック・ビニャーレスの後任に指名された軽量級ランク3位のアレックス・リンスは、昨年のライバルだったルイス・サロンのアドバイスを受けて、中量級への順応を開始。

最終戦で逆転優勝を挙げたランク4位のトーマス・ルティを筆頭に、ランク5位のドミニケ・エガーター、ランク6位のヨハン・ザルコ、ロビン・ミュールハウサーと共にシューターからカレックスに乗り換え。

厳しいシーズンを過ごしたイデミツ・ホンダ・チーム・アジアは、チーム体制を維持して、中上貴晶とアズラン・シャーが気持ちを切り替えて、テストを開始。中上はカレックスの2015年型をテストする。

NGM・フォワード・レーシングは、ランク7位のシモーネ・コルシが負傷欠場。まだ2人目が決定していないが、ランク25位のロレンソ・バルダッサーリを今回のテストに招集する。

先日、ランディ・クルメンナッハの起用を発表したチーム・JiRは、来年使用するマシンを決定する重要なテストとなり、第15戦日本GPから使用するNTS製のマシンをテストする。

軽量級は、5チーム11名が参加。タイトル奪回を目指すレッドブル・KTM・アジョ・モータースポーツが、再び3人体制でテストを開始。ランク10位のミゲール・オリベイラとランク11位のブラッド・ビンダーは、マヒンドラからKTMに乗り換えれば、マヒンドラのファクトリーチームとして活動を開始するマプフレ・アスパルも3人体制でテストをスタートさせる。

Tags:
Moto2, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

アプリリア、M.メランドリの起用を発表

motogp.com

2 years ago

オフィシャルテスト1日目:ロレンソを筆頭にヤマハ勢がトップ4を独占