Tickets purchase
VideoPass purchase

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップ:最終戦の舞台はバレンシア

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップ:最終戦の舞台はバレンシア

前戦アルガルヴェ大会から2週間後、シリーズ8戦目、最終戦がバレンシアで開催。スペインから71名、24ヶ国から72名、合計143名が集結し、日本から尾野、国峰、鈴木、三原の4名が挑戦する。

FIM国際モーターサイクリズ連盟の傘下大会、FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップの第8戦、最終戦バレンシア大会は週末、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで開催。5クラスに25ヶ国から143名がエントリー、日本から4名のヤングライダーたちが挑戦する。

ヘレス、カタルーニャに続いて今季3度目の2レースが開催されるMoto3™クラスは、15ヶ国:スペイン(17名)、イタリア(8)、フランス(5)、日本(4)、ドイツ(4)、オランダ(4)、イギリス(3)、マレーシア(3)、ベルギー(2)、インドネシア(2)、オーストラリア(1)、アメリカ(1)、ベネズエラ(1)、アルゼンチン(1)、アンドラ(1)から57名がエントリー。

前戦でタイトル獲得に成功したファビオ・クアルタラロ(フランス/15歳)に対して、来季のチームメイトとして世界舞台に初のフル参戦を予定するランク2位のホルヘ・ナバーロ(スペイン/18歳)、同じく世界舞台への進出が予定されているランク3位の尾野弘樹(22歳)、ランク6位のガブリエル・ロドリゴ(スペイン/17歳)、ランク7位のマリア・エレーラ(スペイン/18歳)、ランク10位のレミー・ガードナー、ランク28位の鈴木竜生(16歳)に注目。

サクソンプリント-RGTのアレックス・マスボーとジョン・マックフィーは、来季のテストを兼ねて、バレンシアに延滞。2レース連続して表彰台を獲得して、ランク8位に浮上したニッコロ・ブレガ(イタリア/14歳)、日本から参戦の国峰啄磨(16歳)と三原荘紫(14歳)の走りにも注目が集まる。

Moto2™クラス&スーパーストック600クラスは、14ヶ国:スペイン(13)、フランス(5)、イタリア(5)、スウェーデン(4)、ドイツ(3)、アメリカ(3)、ノルウェー(2)、アルゼンチン(2)、南アフリカ(1)、オーストラリア(1)、オーストラリア(1)、チェコ(1)、ベルギー(1)、ロシア(1)から43名が参戦。

来季世界舞台に初参戦を予定する王者イェスコ・ラッフィン(スイス)とランク2位のフロリアン・アルト(ドイツ)を中心に、ランク3位のエドガル・ポンス(スペイン)、ランク4位のチャビ・ビエルゲ(スペイン)、ランク5位のスティーブン・オデンダール(南アフリカ)、ランク6位のアラン・ティチャー(フランス)らが優勝、表彰台争いに挑戦。

タイトル争いが最終戦までもつれこんだ最高峰クラスのスーパーバイククラスには、11ヶ国:スペイン(19)、フランス(6)、フィンランド(3)、イギリス(2)、スェーデン(2)、デンマーク(1)、ノルウェー(1)、アメリカ(1)、カナダ(1)、ベネズエラ(1)、カタール(1)から38人がエントリー。

ポイントリーダーのイバン・シルバ(スペイン)、ランク2位のケニー・ノエス(アメリカ)、ランク3位のサンティアゴ・バラガン(スペイン)、ランク4位のカルメロ・モラーレス(スペイン)がタイトル獲得に向けて、バレンシアに乗り込む。

ワンメイクカップのカワサキ・Z・カップには、2ヶ国:スペイン(23)とイタリア(1)から24名が参戦する。

Tags:
MotoGP, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

プライベートテスト2日目:J.フォルガーが最速時計

motogp.com

2 years ago

アプリリア、M.メランドリの起用を発表

motogp.com

2 years ago

オフィシャルテスト1日目:ロレンソを筆頭にヤマハ勢がトップ4を独占