初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2014年王者のマルケス兄弟が故郷のセルベラに凱旋

2014年王者のマルケス兄弟が故郷のセルベラに凱旋

史上初の兄弟王者に輝いたマルケス兄弟が、最終戦とテストを終えて、ようやく故郷のセルベラに熱烈な歓迎を受けて凱旋。好天候に恵まれた中で、町内をパレードして、人口1万人弱の町民たちと一緒にダブルタイトル獲得を祝福した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスとエストレージャ・ガルシア・0,0のアレックス・マルケスは15日、2014年シーズンのMotoGP™クラスとMoto3™クラスのチャンピオンとして、出身地スペイン・カタルーニャ州のセルベラに凱旋。人口1万人弱の町民たちから熱烈な歓迎を受けて、タイトル獲得を一緒に祝った。

ツインリンクもてぎで開催された第15戦日本GPで、史上最年少の2連覇を達成したマルケス兄は、2010年の125ccクラス、2012年のMoto2™クラス、2013年のMotoGP™クラスに続いて4度目の凱旋となれば、6日前に地元のリカルド・トルモ・サーキットで開催された最終戦バレンシアGPで初タイトルを獲得したマルケス弟は、共同会見を行った後、シーズンを共に戦ったそれぞれのチームスタッフたちと一緒にトラックに乗り込んで町内をパレード。

3年連続4度目のタイトル獲得を報告したマルケス兄は、「ビューティフルでスペシャルな1日。今年は天候に恵まれた。少し寒いけど、少なくても昨年のように雨は降らなかった。町の人たちが通りに出てくれて感動的だった。弟と僕のタイトルを祝うために、ここまで来てくれた人たちにも会えた。僕たちはビックなことを達成したんだと改めて思った。来年に向けて大きなモチベーションを与えてくれた」と、感動の言葉を送った。

今回は主役の1人として登場したマルケス弟は、「セルベラや他のところから来てくれた人たちと一緒に、とても特別な1日となった。彼らの応援がなければタイトル獲得は不可能だったから、みんなが自分たちのタイトルだと思って欲しい。昨年はこの場でダブルタイトルを獲得して戻って来ることを約束。僕たちはそれを達成した。長く厳しい1年で一生懸命に頑張った。これから少し休んで、兄と一緒にタイトル獲得を楽しみたいけど、新たな挑戦が楽しみだ」と、中量級挑戦に向けて意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

3 years ago

NGM・フォワード・レーシング、ブラドル&バスの新体制でカヤバ製のサスペンションをテスト

motogp.com

3 years ago

プライベートテスト3日目:R.クルメンナッハが中量級で初の1番時計

motogp.com

3 years ago

プライベートテスト2日目:J.フォルガーが最速時計