初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2014年全18戦に243万人の観客数を記録

2014年全18戦に243万人の観客数を記録

昨年、2008年の総合観客数を更新したが、今年は過去最高となる247万人を記録。ブルノ、ヘレス、ザクセンリンクで20万人を突破すれば、ロサイル、ルマン、ミサノ、セパンで過去最高の観客数を更新した。

2014年シーズンは、5年連続7度目のシーズン18戦が13ヶ国で開催。サーキットの観客数の統計が始まった1995年から2年連続3度目の240万人を突破し、過去最高となる247万3624人を記録した。

シーズンの開催数が16戦から17戦に増加した2005年に初めて200万人を突破すると、10年連続して200万人以上の観客が世界中から駆けつけ、2008年、2013年、2014年には240万人以上を記録。

サーキット別では、ブルノ・サーキットが3日間で最多の24万0695人。ヘレス・サーキットは22万9416人、ザクセンリンクは20万9408人、リカルド・トルモ・サーキットは19万7000人。ロサイル・インターナショナル・サーキット、ルマン、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリ、セパン・インターナショナル・サーキットで過去最高の観客数を記録。

決勝日に限定すれば、ブルノが13万8312人、ヘレスは11万7001人、バレンシアは10万1000人。初日はザクセンリンクの4万9024人、2日目はヘレスの7万1081人がそれぞれの最多観客数を記録。

過去最高の観客数は、2009年のヘレス。26万3648人を記録すれば、2007年のブルノは24万5039人、2007年のヘレスは24万4461人。

2014年シーズン観客数

ロサイル (カタール):                             1万7890人 (決勝レース日1万0020人)

オースティン (アメリカ):                         11万8918人 (5万7590人)

テルマス・デ・リオ・オンド (アルゼンチン):   12万5961人 (5万2749人)

ヘレス (スペイン):                               22万9416人 (11万7001人)

ルマン (フランス):                               17万8073人 (8万8222人)

ムジェロ (イタリア):                              11万1309人 (7万7463人)

カタルーニャ (スペイン):                        16万3045人 (9万2845人)

アッセン (オランダ):                             13万1000人 (9万0000人*)

ザクセンリンク (ドイツ):                         20万9408人 (8万9401人*)

インディアナポリス (アメリカ):                  13万2817人 (6万1835人)

ブルノ (チェコ):                                  24万0695人 (13万9312人)

シルバーストン (イギリス):                     13万8000人 (6万7500人)

ミサノ (イタリア):                                 8万8665人 (5万4543人)

アラゴン (スペイン):                             11万2331人 (6万6584人*)

ツインリンクもてぎ (日本):                     7万0271人 (4万2856人)

フィリップアイランド (オーストラリア):          7万7900人 (3万2000人)

セパン (マレーシア):                            13万0925人 (8万1896人)

バレンシア (スペイン):                          19万7000人 (10万1000人)

*レインコンディション

 

 


 

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

3 years ago

NGM・フォワード・レーシング、ブラドル&バスの新体制でカヤバ製のサスペンションをテスト

motogp.com

3 years ago

プライベートテスト3日目:R.クルメンナッハが中量級で初の1番時計