初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

軽量級王者マルケスが中量級参戦に向けてテストを開始

軽量級王者マルケスが中量級参戦に向けてテストを開始

コルテセ、ビニャーレスに続いて、Moto3™クラス3代目の王者に輝いたマルケス弟が、中量級参戦に向けて、テストを開始。ウェットとドライのトラックコンディションの中、250ccマシンから600ccマシンへの乗り換えに取り組んだ。

Moto3™クラス王者のアレックス・マルケスは、新天地のチーム・エストレージャ・ガルシア・マークVDSとMoto2™クラス王者のエステベ・ラバットと共に、ヘレス・サーキットとリカルド・トルモ・サーキットで合計5日間のプライベートテストを実施。ホンダの250ccマシンからホンダエンジンを搭載したカレックスの600ccマシンへの順応に取り組んだ。

最終戦バレンシアGPで3代目のMoto3™クラスチャンピオンに輝いた後、12日から3日間、2012年にワイルドカードとして世界デビューを飾ったトラックでテストを開始。ウェットとセミウェットのトラックコンディションの中で合計54ラップを周回。

「初めてMoto2™マシンを試すには理想的なコンディションではないけど、良い仕事をしたと考える。ウェットとセミウェットで走れたことは重要。バイクとチームの第一印象は良かった」と、初テストを評価。

15日に出身地のセルベラに戻り、町民にタイトル獲得を報告すると、17日から2日間、タイトルを獲得したサーキットで2度目のテスト。ドライコンディションに恵まれた中、合計137ラップ、5レース分の距離を周回すると、1番時計を記録したチームメイトから1.120秒差の総合13番手に進出。

「今日もMoto2™マシンにステップ・バイ・ステップで順応する良い仕事ができた。これが目標。Moto2™マシンに要求されるライディングスタイルは、Moto3™マシンとは違う。Moto3™マシンは小さく、コーナリングスピードが速いけど、Moto2™マシンはブレーキングをアグレッシブにして、立ち上がりでアクセル素早く開ける必要がある。」

「ティト(ラバットの愛称)から1秒差。2度の転倒で少し自信を損なってしまい、自信を回復するのに少し時間が掛ってしまったけど、僕たちは正しい方向性に進んでいる。アルメリアでは、同じ方向で仕事を進めないと。ティトにもっと接近したい」と、2度目のテストを振り返った。

Tags:
Moto2, 2015, Alex Marquez

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

RW・レーシング、デウルからロイにライダーを変更

motogp.com

2 years ago

プライベートテスト2日目:王者ラバットが非公式ながらサーキットベストラップを更新

motogp.com

2 years ago

オフィシャルテスト2日目:ランク14位のアントネッリが総合1番手に進出

motogp.com

2 years ago

C.クラッチローが渡米前に左肩を手術

motogp.com

2 years ago

NGM・フォワード・レーシング、ブラドル&バスの新体制でカヤバ製のサスペンションをテスト

motogp.com

2 years ago

プライベートテスト3日目:R.クルメンナッハが中量級で初の1番時計

motogp.com

2 years ago

プライベートテスト2日目:J.フォルガーが最速時計