初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

新人王エスパルガロ弟、「将来ミスを犯さないために、今ミスを犯す」

新人王エスパルガロ弟、「将来ミスを犯さないために、今ミスを犯す」

中量級王者として最高峰クラスに進出したエスパルガロ弟は、サテライト勢の最高位となるランク6位に進出したルーキーシーズンを振り返り、1年目に犯したミスから学習し、飛躍の2年目になることを誓った。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロは、先週バルセロナ市内の大学病院で、第17戦マレーシアGPのフリー走行3で転倒を喫した際に骨折した左足第2中足骨を手術。ヤマハのプロモーションイベントに参加するために、インドネシアの首都ジャカルタに出発する前に、当サイトのインタビューに応え、最高峰クラス1年目を振り返った。

「マレーシアでハードクラッシュを喫して、素早い回復が必要となり、ほとんどバイクに乗りながら治したから、少し苛酷だった。先日モトクロスでトレーニングしていたら、痛みを感じたから、直ぐに簡単な手術を受けた。数日後には歩けるようになる」と、左足の状態を説明。

6番グリッドから6位に進出した最終戦バレンシアGP後のオフィシャルテストでは、週末のベストラップ(1分31秒307)を更新する1分31秒118を記録して、総合3番手に進出。

「重量配分を少し変更したけど、主なテストプログラムは電子制御。最終的にバイクの反応がすごく速くなった。大きな違いだと思う。大きく前進することができたから嬉しい。エンジンブレーキを使うことができず、苦戦したセパンに行こう。あそこで違いが出るだろう。」

シーズン中に注目されたアレイシ・エスパルガロとの兄弟対決は、弟ポルに軍配が上がり、ランク6位に進出。兄がベスト・オブ・オープンオプション、弟がルーキー・オブ・ザ・イヤーとベスト・オブ・サテライトライダーに輝いた。

「ルーキーシーズンは多くのミスを犯す。未経験の1年。全てが新しく、ミスを犯す。将来ミスを繰り返さないために、今のうちにミスを犯す必要がある。」

ヤマハ・レーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、エスパルガロの速さを認める一方で、特にレースでの安定したパフォーマンスが不足していたことを指摘。

「その通り。特に上位陣のペースを維持することが難しい。1ラップはそれほど難しくないけど、問題はタイヤが消耗したとき。確かに少し苦労しているけど、これは経験不足で、リアグリップが低下したときの走りが僕たちの弱点。コンディションが暑くなると、この問題が著しくなる。根本的な改善点であり、バレンシアのテストでこの問題を上手く解決した。」

ヤマハとの間で直接ファクトリーライダーとして2年契約を結び、サテライトチームから参戦。2年目の2015年シーズンは飛躍が要求させる。

「ライダーとして大きく進歩しないと。バイクへの順応は簡単ではない。電子制御に順応する必要がある。シャーシは、ホルヘ(・ホレンソ)とバレンティーノ(・ロッシ)とほぼ同じだけど、問題は電子制御。順応し切れなかった。」

「セッティングを見つけるのに苦労する。時々、準備が整わない状態でレースを迎えてしまったけど、これは経験から来るもの。来年は最初の瞬間から上手く行かなければいけない。ベースセッティングのために、多くの周回を重ねる必要はない。」

エスパルガロ弟は、ホルヘ・ロレンソと共にセントゥール・インターナショナル・サーキットで6日から2日間開催されるアジアン・カップ・レースのため、インドネシアに移動。イベントに参加した後、バリ島で数日間のバカンスを楽しむ。

Tags:
MotoGP, 2014, Pol Espargaro, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

J.ミラーが3日間のセパンテストを終了

motogp.com

2 years ago

アビンティ・レーシングのバルベラ&ディ・メッリオも今年最後テストを終了

motogp.com

2 years ago

アプリリアがヘレスでニューマチックバルブ採用のV4エンジンを投入

motogp.com

2 years ago

3チームがアプリリアに合流してテストを開始

motogp.com

2 years ago

4チームがヘレス&アルメリアでテストを開始