初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2014年フォールズレポート~サーキット編

2014年フォールズレポート~サーキット編

9月12日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで開催された第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPに過去最多タイとなる109回を記録。雨の初日には過去最多となる62回を数えた。

2014年シーズンは、過去最多となる981回の転倒数を記録。第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの開催地、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリが、2007年6月の第8戦イギリスGPの開催地、ドニントンパークで記録した過去最多の109回に並んだ。

雨に見舞われた初日、1日の転倒数としては、2009年と2012年の第4戦フランスGPの決勝レース日に記録した51回を更新する最多の62回(MotoGP™クラス17回、Moto2™クラス24回、Moto3™クラス21回)を記録。

ツインリンクもてぎとフィリップアイランドは、3日間で71回。最少転倒数はムジェロの33回。2006年、2009年、2012年、2013年に最多転倒数を記録したルマンは、93回と68回から51回に減少。

コーナー別では、昨年最多の28回を記録したバルセロナ‐カタルーニャ・サーキットの10コーナーが2年連続して最多となる22回を記録。ミサノの4コーナーと6コーナーは21回と20回、セパン・インターナショナル・サーキットの15コーナーは21回を記録した。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

3 years ago

D.ペトルッチ、新天地から転機の4年目に挑戦