初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2014年フォールズレポート~ライダー編

2014年フォールズレポート~ライダー編

2人の新人、中量級のロースと軽量級のハニカが、年間で25回と24回の転倒を記録すれば、ロレンソとテロールは僅か2回に止まり、王者マルケスは昨年の15から11回に減少した。

2014年シーズンは、過去最多となる981回の転倒数を記録。Moto2™クラスの新人サム・ロースが最多の25回を記録すれば、ホルヘ・ロレンソとニコラス・テロールは僅か2回だった。

最多転倒は、ロースの25回。カレル・ハニカの24回、アクセル・ポンスとニッコロ・アントネッリの22回、サンドロ・コルテセの20回が続き、ブラドリー・スミスが最高峰クラスで最多となる16回を記録。

昨年最多転倒数の2番手だったヨニー・エルナンデェスは、キャリアのベストシーズンが反映されるように、20回から11回に減少。

開幕からの連続ポールポジション記録が途切れた第7戦カタルーニャGPの公式予選2でシーズン初転倒を喫した王者マルク・マルケスは、昨年の15回から11回に減少。

最少転倒は、ロレンソとテロールの2回。ハーフィス・シャハリンの3回、アンドレア・ドビツィオーソ、ブラッド・ビンダー、ヤコブ・コーンフィールの4回が続いた。

過去10年間の最多転倒者リスト
2014年: サム・ロース (25回)
2013年: ラフィド・トパン・スチプト (26回)
2012年: アクセル・ポンス (24回)
2011年: カレル・アブラハム (22回)
2010年: ラファエレ・デ・ロサ (22回)
2009年: カレル・アブラハム/マティア・パシーニ/ダニエル・ウェッブ (17回)
2008年: カレル・アブラハム/マティア・パシーニ (23回)
2007年: カレル・アブラハム/ジュール・クルーセール (16回)
2006年: ジュール・クルーセール (20回)
2005年: アレックス・デ・アンジェリス (17回)

過去10年間の最高峰クラス最多転倒者リスト
2014年: ブラドリー・スミス (16回)
2013年: ヨニー・エルナンデェス (20回)
2012年: ベン・スピース (15回)
2011年: カレル・アブラハム (22回)
2010年: マルコ・シモンチェリ (13回)
2009年: アレックス・デ・アンジェリス/ミカ・カリオ (9回)
2008年: ランディ・ド・プニエ (22回)
2007年: ランディ・ド・プニエ (12回)
2006年: ランディ・ド・プニエ/ケーシー・ストーナー (14回)
2005年: アレックス・バロス (11回)

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

3 years ago

D.ペトルッチ、新天地から転機の4年目に挑戦