初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップの開催概要を発表

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップの開催概要を発表

昨年国内選手権からFIM傘下の国際選手権に昇格して、軽量級から9名、中量級から2名を世界選手権に輩出する旧スペイン選手権、FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップの開催概要が発表された。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は17日、FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップの2015年開催に関して主要な開催概要を発表。今月2日に発表されたクラス別の名称に続き、レース開催数やタイヤワンメイクなどが決まった。

Moto3™ジュニア世界選手権(旧Moto3™クラス)
・ 全8戦: 12レース。
・ 参戦年齢制限: 14歳から23歳。
・ 総重量制限(ライダー+バイク): 149キロ(2015年)、152キロ(2016年)。
・ エンジン最大回転数制限: 13.500rpm。
・ タイヤ使用数の制限導入。

Moto2™欧州選手権(旧Moto2™クラス)
・ 全7戦: 11レース。
・ タイヤワンメイク: ダンロップ。
・ タイヤ使用数の制限導入。

スーパーバイク欧州選手権(旧スーパーバイククラス)
・ 全7戦: 11レース。
・ タイヤワンメイク: ミシュラン。
・ タイヤ使用数の制限導入。

カワサキ・Zカップ
・ 全4戦: 6レース。

さらに、競技規則において、MotoGP™世界選手権に2015年から導入されるスターティンググリッドの配置手順が施行されることになり、最終列に到着したらエンジンを切り、指定されたスターティングリッドまでバイクを押すことになった。

2015年開催日程
4月26日‐アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ(ポルトガル・ポルティマオ)
5月17日‐ルマン(Moto3™ジュニア世界選手権のみ開催)
6月21日‐バルセロナ‐カタルーニャ・サーキット
7月5日‐モーターランド・アラゴン
9月6日‐アルバセテ・サーキット
10月4日‐ナバーラ・サーキット
11月1日‐ヘレス・サーキット
11月15日‐リカルド・トルモ・サーキット(バレンシア)

Tags:
MotoGP, 2015

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

2 years ago

D.ペトルッチ、新天地から転機の4年目に挑戦