エスパルガロ兄:「ファクトリーチーム入りに向けて目標はランク6位」

Aleix Espargaro: ‘Suzuki will open more doors’
Wednesday, 11 June 2014

昨年紆余曲折の末、アスパル・チームからフォワード・レーシングに移籍したエスパルガロ兄が、序盤6戦を終えて、決断が正解だったことを説明。来年ファクトリーチームに移籍するために、目標をランク6位に設定した。

NGM・フォワード・レーシングのアレックス・エスパルガロは、シーズン序盤6戦を終えて、自己最高位のランク7位に進出。当サイトのインタビューに応え、CRTで2年連続して最高位に進出した後、アスパル・チームから移籍した決断が正解だったことを改めて強調した。

「フォワード・レーシングに行くという決断は、僕が心から望んだものだったから、正しかったと思う。自分自身にメダルを掛ける、と言いたくはない。当時は、ホンダの市販車とフォワード・ヤマハがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか誰にも分からなかったから、僕は幸運だった。このバイクを走らせることを望み、時間が正解だったことを証明してくれた。」

長い交渉の末、アスパル・チームとの契約を解除して、複数年契約を結んだ新天地で、自己最高位の4位をはじめ、5戦で1桁台に進出。来年スズキが復帰を予定していることから、ファクトリーチームへの移籍を視野に、目標をランク6位に設定。

「スズキの加入により、扉が開く。多くのファクトリーが参入することは良いこと。そのための準備を整えないといけない。最速のライダーの1人にならないと。スズキのようなファクトリーが参入して来れば、ベストライダーの起用を希望するから、僕の目標はランク6位以内の進出。ファクトリーチーム入りの可能性が広がることは確実だ」と、意気込みを語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising