RW・レーシング・GP、A.カラスコの起用を発表

Wednesday, 18 December 2013

11月20日にFIMが発表した2014年暫定エントリーリストに名前が掲載されず、来季の就任に注目が集まっていたアナが、デビューしたチーム・カルボからオランダのRW・レーシングに移籍することが決定。参戦2年目の走りに期待が高まる。

RW・レーシング・GPは18日、アナ・カラスコとの間で2014年の参戦に関して合意したことを発表。Moto3™クラス3年目もKTMエンジンを搭載するカレックスを継続して使用する。

アリー・モレナー・レーシングのスタッフたちが中心となり、2011年に結成されたオランダのチームは、2013年にランク11位に進出したチェコ出身のヤコブ・コーンフィールとランク24位だったオランダ出身のジャスパー・イウェマを起用。

11月20日にFIM国際モーターサイクリズム連盟が発表した2014年の暫定エントリーリストには、契約ライダーが未定となっていたが、参戦1年目に17戦中16戦で完走、2戦でポイント圏内に進出、最終戦バレンシアGPで8位に進出した16歳のスペイン人ライダーを指名した。

チームマネージャーのヤルノ・ヤンセンは、「アナはスペシャルタレントであることを証明。1年目に素晴らしい走りを見せました。彼女の成長を支援できると確信します。ストロングなパーソナリティーを持ち、ベストなリザルト獲得に向けて懸命に働く準備があります。当然、チームに女性を迎え入れることは特別ですが、何も違いはありません。才能あるライダーは才能あるライダーであり、アナは素晴らしい才能を具えます。チームは彼女を歓迎します」と、ランク21位、新人部門ランク4位に進出した走りが起用の決め手となってことを説明した。

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising