ウォームアップ走行:E.ラバットが週末の最速ラップをマーク

Moto2™ is powered by
Sunday, 27 April 2014

開幕から3戦連続してポールポジションを獲得したラバットが、ポールタイムを更新。5番グリッドのフォルガーと2番グリッドのザルコ、4番グリッドのビニャーレスが続き、2日目に転倒を喫したロースが5番手に浮上。中上と長島は、23番手と31番手だった。

第3戦アルゼンチンGPのウォームアップ走行は27日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ポイントリーダーのエステベ・ラバットがトップタイムをマーク。決勝レース前のプラクティスを制した。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションの中、ロングランを実行した公式予選で1番時計を刻んだポールポジションのラバットは、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分45秒台を2回、1分44秒台を4回記録した後、最終ラップにポールタイム(1分43秒961)を更新する1分43秒914の1番時計を刻んだ。

5番グリッドのジョナス・フォルガーは、2度のコースインで9ラップを周回すると、1分44秒台を5回記録して、0.162秒差の2番手に進出。

2番グリッドのヨハン・ザルコは、2度のコースインで10ラップを周回すると、1分44秒台を最多の6回記録して、0.205秒差の3番手。

4番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、1度のコースインで10ラップを周回すると、1分44秒台を6回記録して、0.207秒差の4番手。公式予選で今季6度目の転倒を喫した22番グリッドのサム・ロースは、0.250秒差の5番手に浮上。ニコラス・テロール、シモーネ・コルシが続き、3番グリッドのチャビエル・シメオンは9番手。6番グリッドのルイス・サロンがトップ10入り。

10番グリッドの中上貴晶は、2度のコースインで10ラップを周回すると、1分46秒台を3回、1分45秒台を1回記録して、1.965秒差の23番手。

30番グリッドの長島哲太は、2度のコースインで9ラップを周回すると、1分46秒台を2回記録して、2.754秒差の31番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising