フリー走行1:ポイントリーダーのミラーが1番時計発進

Argentina Moto3 FP1 Miller
Friday, 25 April 2014

オーストラリア人として、初めて2連勝を飾り、ポイントリーダーとして、チャンピオンシップ初開催地に乗り込んで来たミラーが、最速ラップを記録。ランク2位のバスケスが、コンマ7秒差の2番手。ランク11位ケントがコンマ8秒差の3番手。ビニャーレスとオリベイラが続いた。

第3戦アルゼンチンGPのフリー走行1は25日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ポイントリーダーのジャック・ミラーがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度21度のドライコンディションの中、開幕から2連勝を達成したミラーは、2度のコースインで18ラップを周回。1分53秒台を4回、1分52秒台を1回、1分52秒台を1回記録して、1分51秒929の1番時計を刻んだ。

ランク2位のエフレン・バスケスは、2度のコースインで18ラップを周回。1分53秒台を5回、1分52秒台を2回記録して、0.733秒差の2番手に進出。

ランク11位のダニー・ケントは、2度のコースインで最多の19ラップを周回。1分53秒台を1回、1分52秒台を3回記録して、0.836秒差の3番手。ランク12位のイサック・ビニャーレスは、1.121秒差の4番手。ミゲール・オリベイラ、アレックス・マルケス、エレナ・バスティアニーニ、ニッコロ・アントネッリ、フアンフラン・グエバラ、ヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

ランク3位のロマーノ・フェナティは、2.161秒差の16番手。ランク4位のアレックス・リンスは、2.770秒差の22番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising