フリー走行3:J.ミラーがキャリア初のフリー走行総合1番手に進出

Argentina Moto3 FP3 Miller
Saturday, 26 April 2014

初日に連続して1番手に進出したミラーが、2日目最初のプラクティスで最速ラップを刻んで、キャリア初のフリー走行総合1番手に進出。初日総合2番手のバスケスが、週末3度目の2番時計。マルケス、ビニャーレスが続き、初日総合14番手のロイが初めてトップ5に進出。フェナティとリンスは、6番手と16番手だった。

第3戦アルゼンチンGPのフリー走行3は26日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ポイントリーダーのジャック・ミラーがトップタイムをマーク。フリー走行総合1番手に進出した。

気温17度。路面温度19度のドライコンディションの中、初日2度のプラクティスで連続して1番時計を刻み、総合1番手に進出したミラーは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分51秒台を1回、1分50秒台を4回記録。初日の1分50秒367を更新する1分50秒020の1番時計を刻んだ。

初日連続して2番時計を刻んだ総合2番手のエフレン・バスケスは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分51秒台を4回、1分50秒台を最多の5回記録して、0.097秒差の2番手を維持。

初日総合4番手のアレックス・マルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分51秒台を最多の6回、1分50秒台を3回記録して、0.454秒差の3番手。

初日総合3番手のイサック・ビニャーレスは、1分51秒台を3回、1分50秒台を1回記録して、0.466秒差の4番手。

初日総合14番手のリビオ・ロイは、0.527秒差の5番手。初日連続して16番手だったロマーノ・フェナティは、0.546秒差の6番手に浮上。ダニー・ケント、アレックス・マルボー、ヤコブ・コーンフィール、フランシスコ・バグナイアがトップ10入り。

初日総合9番手のアレックス・リンスは、0.865秒差の16番手。初日総合5番手のカレル・ハニカは、1.212秒差の18番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising