決勝レース:R.フェナティが今季初優勝、通算2勝目

Argentina Moto3 Race Fenati
Sunday, 27 April 2014

前戦で2位表彰台を獲得した5番グリッドのフェナティが、ゴールラインまで繰り広げられた優勝争いを制して、35戦ぶりに優勝。ランク3位から2位に浮上すれば、11番グリッドのマルケスが2位。今季の2度目の表彰台を獲得すれば、ポールポジションのミラー3位に入り、ポイントリーダーを堅守した。

第3戦アルゼンチンGPの決勝レースは27日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ランク3位のロマーノ・フェネティが優勝。ランク2位に浮上した。

気温21度。路面温度21度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で15番手だった5番グリッドのフェナティは、1ラップ目にトップに躍り出ると、トップグループ内で優勝争いを展開。最終ラップの最終コーナーを制して、参戦1年目2012年4月の第2戦スペインGP以来、35戦ぶりに優勝。新規参戦のスカイ・レーシング・チーム・VR46に初優勝をもたらした。

11番グリッドのアレックス・マルケスは、0.099秒の2位に入り、前戦アメリカズGPでは最終ラップに転倒を喫したが、開幕戦カタールGPに続いて、2度目の表彰台を獲得。

オーストラリア人として軽量級で初めて2戦連続のポールポジションからスタートしたジャック・ミラーは、1999年の東雅雄、2011年のニコラス・テロールに続き、開幕からの3連勝を狙ったが、0.540秒差の3位。

17歳の誕生日を迎えた9番グリッドのリビオ・ロイは、終盤にトップグループに追いついて、0.624秒差の4位。自己最高位を獲得すれば、8番グリッドのアレックス・リンスは5位。ウォームアップ走行で1番時計を刻んだ2番グリッドのエフレン・バスケスは6位。イサック・ビニャーレス、ニクラス・アジョ、ダニー・ケント、エレナ・バスティアニーニがトップ10入り。

チャンピオンシップは、ミラーが3戦連続の表彰台連取でポイントリーダーを堅守。フェナティが17ポイント差のランク2位に浮上。バスケスが24ポイント差のランク3位に後退した。

次戦スペインGPは、ヘレス・サーキットで5月2日に開幕、5月4日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising