ウォームアップ走行:E.バスケスが決勝前に週末最初の1番時計

Sunday, 27 April 2014

週末最初のプラクティスから連続して2番手に進出した2番グリッドのバスケスが、決勝レース前に最速ラップをマークすれば、ポールポジションのミラーが最速リズムで周回。予選で右前腕を負傷したマスボー、マルケス、ビニャーレスが続き、ケントは9番手。フェナティとリンスは15番手と17番手だった。

第3戦アルゼンチンGPのウォームアップ走行は27日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ランク2位のエフレン・バスケスがトップタイムをマーク。決勝レース前のプラクティスを制した。

気温17度。路面温度19度のドライコンディションの中、週末4連続の2番時計を刻んで来た2番グリッドのバスケスは、1度のコースインで11ラップを周回すると、1分50秒台を3回、1分49秒台を2回記録して、1分49秒399の1番時計を刻んだ。

オーストラリア人として軽量級で初めて2戦連続のポールポジションからスタートするジャック・ミラーは、2度のコースインで10ラップを周回すると、1分50秒台を1回、1分49秒台を5回記録して、0.229秒差の2番手。

公式予選で転倒を喫した際に右前腕を創傷した20番グリッドのアレックス・マスボーは、0.385秒差の3番手に浮上。

11番グリッドのアレックス・マルケスは、0.509秒差の4番手。18番グリッドのイサック・ビニャーレスは、0.600秒差の5番手。ジョン・マックフィー、ブラッド・ビンダー、ニッコロ・アントネッリが続き、3番グリッドのダニー・ケントは、0.784秒差の9番手。17歳の誕生日を迎えた9番グリッドのリビオ・ロイがトップ10入り。

5番グリッドのロマーノ・フェナティは、0.989秒差の15番手。8番グリッドのアレックス・リンスは、1.025秒差の17番手。4番グリッドのヤコブ・コーンフィールは、1.053秒差の18番手だった。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising