決勝レース:A.マルケスが2連勝でランク3位に浮上

Assen Moto3 Race Marquez
Saturday, 28 June 2014

ランク5位のマルケスは、2番グリッドから2戦連続の優勝を挙げて、ランク3位に浮上。6番グリッドのリンスは、13番グリッドのオリベイラとの3位争いに競り勝ち、マスボーとアントネッリが今季の最高位を獲得。ポイントリーダーのミラーが転倒リタイヤ、ランク2位のフェナティは18位だった。

第8戦TTアッセンの決勝レースは28日、TTアッセン・サーキットで行われ、ランク5位のアレックス・マルケスが前戦カタルーニャGPに続き、独走で2連勝を達成。ランク3位に浮上した。

気温19度、路面温度25度のドライコンディションの中、2戦連続3度目の1列目スタートとなる2番グリッドからスタートしたマルケスは、2ラップ目に1番手に浮上すると、中盤に2番手に後退したが、1分43秒台のリズムを維持して、2戦連続、通算3勝目。

前戦で左足のつま先を骨折した6番グリッドのアレックス・リンスは、終盤1分44秒台にペースが落ちて、グループから抜け出して来た13番グリッドのミゲール・オリベイラとの2位争いを展開。最終ラップの最終シケインで競り勝って、2.960秒差の2位、今季4度目の表彰台を獲得。エストレージャ・ガルシア・0,0が、昨年8月の第10戦インディアナポリスGP以来となる2度目の1-2位フィニッシュを達成。

昨年僅少さで表彰台を逃したオリベイラは、今季の最高位となる3位表彰台を獲得すれば、7人による4位争いは、4番グリッドのアレックス・マスボーが競り勝ち、5番グリッドのニッコロ・アントネッリ、15番グリッドのエフレン・バスケス、7番グリッドのイサック・ビニャーレス、11番グリッドのダニー・ケント、16番グリッドのブラッド・ビンダー、10番グリッドのジョン・マックフィーがトップ10入り。

9番グリッドのロマーノ・フェナティは、1ラップ目の16コーナーで他車と接触してコースアウトを喫して、31番手まで後退したが、12ラップ目にはサーキットレコードラップを更新して、3位争いのグループまでポジションを巻き返したが、14ラップ目の9コーナーで転倒。レースに復帰して、18位でフィニッシュ。

フリー走行1で1番時計を記録した12番グリッドのエネア・バスティアニーニは、1ラップ目に転倒。

公式予選でサーキットベストラップを更新して今季4度目のポールポジションからスタートしたジャック・ミラーは、ホールショットを決めて1番手で1ラップを通過した直後の1コーナーで今季2度目の転倒。

ウォームアップ走行で転倒を喫した3番グリッドのニクラス・アジョと昨年のレッドブル・ルーキーズ・カップで当地2連勝を挙げた8番グリッドのカレル・ハニカは、3位表彰台争い中の7ラップ目と16ラップ目に転倒。

19番グリッドのフランセスコ・バグナイアは、ウォームアップ走行で今季2度目の転倒を喫した際に左手首を骨折したことから欠場した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのミラーが今季2度目の転倒リタイヤ、ランク2位のフェナティがポイント圏外でゴールしたことから、ランク3位に浮上したマルケスが、7ポイント差に接近した。

次戦ドイツGPは、ザクセンリンクで11日に開幕、13日に決勝レースが行われる。

リザルト

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising