第8戦TTアッセン:Moto2™クラスプレビュー

Moto2™ is powered by
Monday, 23 June 2014

サマーブレークまで2戦。7戦で4勝を挙げたポイントリーダーのラバットに、ランク2位のカリオを筆頭に、ビニャーレス、フォルガーらが挑戦。不振からの脱出を目的にプライベートテストを実施したシメオン、トーレス、デ・アンジェリス、中上、テロールの走りに注目が集まる。

第8戦TTアッセンは、TT・アッセン・サーキットで26日に開幕、28日の土曜に決勝レースが行われ、前戦カタルーニャGPで2戦連続4度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めたエステベ・ラバットがポイントリーダーとして乗り込む。

ホームレースでフリー走行1から1番時計を連発して、今季5度目のポールポジションから独走優勝を飾ったラバットは、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットに延滞してプライベートテストに参加すると、細かいセッティングを調整。ポジティブな結果を得て、昨年4番グリッドから5位だった当地に挑戦する。

前戦で4位だった34ポイント差のランク2位、ミカ・カリオは、課題となっている安定したパフォーマンスを追求して、4度のシミュレーションを実行。昨年8番グリッドから4位だった当地に向けて、手応えを掴んだ。

ホームレースで今季2度目の表彰台を獲得した60ポイント差のランク3位、マーベリック・ビニャーレスは、幾つかのセッティングを試して、快適さと自信が高まれば、転倒で右手小指を負傷したランク6位のルイス・サロンは、昨年僅少さでチームメイトに競り勝った当地に向けて、治療とリハビリに専念。

ランク4位のドミニケ・エジャーターは、初めて最高峰クラスのオフィシャルテストに参加した後、プライベートテストに参加。ランク7位のトーマス・ルティ、ランク8位のジョナス・フォルガー、ランク10位のサム・ロース、ランク15位のジョルディ・トーレス、ランク17位のアレックス・デ・アンジェリス、ランク27位のニコラス・トーレスらもサーキットに延滞して、次戦に向けて準備、浮上のきっかけを模索した。

ランク13位のチャビエル・シメオンとランク25位のロレンソ・バルダッサーリは、前戦後に第14戦アラゴンGPの開催地、モーターランド・アラゴンに移動して、19日から2日間のプライベートテストを実施。

ランク22位の中上貴晶は、不振からの脱出を目指して、チームメイトのアズラン・シャー・カマルザマンと共にバルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで1日、モーターランド・アラゴンで2日間のプライベートテストを実行。昨年ウォームアップ走行で転倒を喫した際に左鎖骨を骨折した当地で3日間のテスト成果を発揮したいところ。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising