ケータハム・モトレーシングがエアアジアとコラボを結成

Moto2™ is powered by
Wednesday, 5 March 2014

F1のケータハムが将来の最高峰クラス参戦を目標に立ち上げたケータハム・モトレーシングが、クアラルンプールでエアアジアとのパートナーシップを発表。ヘリンとザルコが、ケータハム・シューターのニューカラーリングで登場した。

ケータハム・モトレーシングは5日、マレーシアの首都クアラルンプール市内で、初参戦となる2014年シーズンに向けて、マレーシアの航空会社エアアジアとの間で、タイトルスポンサー契約を締結したことを発表。ジョシュ・ヘリンとヨハン・ザルコが使用するケータハム・シューターのカラーリングを初披露した。

英国の自動車メーカーでF1に参戦するケータハム・グループが運営するチームを指揮する元250ccクラスライダー、ヨハン・スティグフェルトは、「エアアジアが我々の開発において重要な時期に合併します。チームは2人のエクセレントなライダーと共に始動して、実施した5度のテストで大量のデータを収集しました。」

「これからプレシーズンの最後のテストに向けて、ヘレスに行きます。共通エンジンを使用することから、ライバルたちと比較して、我々のレベルが明白になるでしょう」と、抱負を語った。

エアアジアの最高経営責任者、アイリーン・オマーは、「新しいチームのタイトルスポンサーとなることを光栄に思います。歴史と技術革新を持つケータハムとのパートナーシップを継続できることが嬉しいです。これは2つのブランドにとって、正真正銘の相乗効果となります。沢山の成功を体験できることを期待します」と、支援の理由を説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising