ドゥカティがヘレスでプライベートテスト実施

Thursday, 3 April 2014

ドゥカティがスーパーバイク世界選手権のプライベートテストに合流して、ヘレス・サーキットでテストを実施。初日はプロモーションビデオの撮影に取り組み、2日目は雨により予定していたテストプログラムを実行できなかった。

ドゥカティ・チームは2日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで実施した2日間のプライベートテストを終了。1日目はプロモーションビデオの撮影を行い、2日目は前夜の雨により、路面が乾かなかったことから、電子制御の改良とアンダーステアの解消を中心としたテストプログラムを消化できなかった。

31日から当地でスーパーバイク世界選手権のプライベートテストが始まり、ドゥカティは便乗する形で合流。テストチームは初日からテストを実施すると、同グランプリでワイルドカード参戦を予定するテストライダーのミケーレ・ピロが好天候に恵まれた中で走り込みを始めたが、1日から走行を開始したアンドレア・ドビツィオーソとカル・クラッチローは、本格的なテストを実施できなかった。

2014年の競技規則では、シーズン中におけるレギュラーライダーに許可されるテストは、ドルナスポーツ及びIRTA国際レーシングチーム連盟が主催するテストに限定され、今年は第4戦スペインGP、第7戦カタルーニャGP、第11戦チェコGPの決勝レース後に予定されているが、オープンオプションのレギュラーライダーは、グランプリが開催されるサーキットで、大会の14日前まであれば、タイヤアロケーションの規則に従って、テストの実施が認められおり、前年度未勝利のファクトリーに対しても、この規定が許可されることから、今回ドゥカティは、レースディレクションに申請して、プライベートテストを実施した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising