ドゥカティがオープンオプションへの参入を決断

Ducati choose Open option
Friday, 28 February 2014

ファクトリーオプションの継続か、オープンオプションへの変更か、決断が迫られていたドゥカティが、エンジンの開発継続を理由に、オープンオプションに参入することを決断。ドビツィオーソ、クラッチロー、イアンノーネの3人もエルナンデェスと共にオープンオプションの技術規定に準じたデスモセディチGP14で参戦することになった。

ドゥカティ・チームは28日、セパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテスト終了後、2014年シーズンに参戦を予定していたファクトリーオプションからオープンオプションに変更することを発表。アンドレア・ドビツィオーソ、カル・クラッチロー、サテライトチームのプラマック・レーシングに所属するアンドレア・イアンノーネの3人がオープンオプションの技術規定に準じたデスモセディチGP14で参戦することになった。

ファクトリーオプションは、ライダー1人あたり年間に使用できるエンジンの台数が5基に制限され、そのエンジンが凍結されることから、シーズン中の開発が不可能となる。

一方で、オープンオプションは、ライダー1人あたり年間で最大12基までの使用が可能。さらに、エンジンを凍結する必要はなく、シーズンを通じての開発が可能となるが、大会主催者側から供給される共通ECUの使用が義務付けとなる。

ドゥカティは、3週間前に当地で開催された今年最初のオフィシャルテストで収集したヨニー・エルナンデェスのデータを検証。今回のテストでは、ファクトリーライダーたちが共通ECUを初めて使用して、ポジティブなフィードバックを与えていたことから、オープンオプションへの変更を決断した。

ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャー、ルイジ・ダリーニャは、「新しい技術規定を慎重に検証しました。オープンオプションは、ドゥカティにとって、より興味深いであると結論に達しました。現状、我々の戦闘力を高めるために、シーズンを通じて、エンジンの開発を継続する必要があります。ファクトリーオプションは我々の必要性において、非常に制限されているようです。」

「マニエッティ・マレリとドルナから供給される電子制御のパッケージは、非常に良質で、バイクの全ての機能を正確に管理することが許されます」と、オープンオプションへの変更理由を説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising