ダンロップは中量級&軽量級クラスに専念

Friday, 23 May 2014

中量級と軽量級にタイヤを供給するオフィシャルタイヤサプライヤーのダンロップは、最高峰クラスに復帰する可能性を検討したが、現在の活動を継続することを優先として、入札を見送った。

Moto2™クラスとMoto3™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、イギリスのタイヤメーカー、ダンロップは、最高峰クラスのオフィシャルタイヤサプライヤーに関する入札を検討したが、現在の活動に専念することを決断した。

ダンロップ・モータースポーツのマネージングディレクター、サンジェイ・カナは、「MotoGP™は大変ストロングなグローバルイベントであることが継続されます。我々は大会主催者との長い関係に誇りに感じると共にMoto2™クラスとMoto3™クラスへのタイヤ供給を継続します。ダンロップは世界最高峰のチャンピオンシップと二輪車製造者とのパートナーシップの特権的な立場にあり、近い将来において、この重要な関係のために、タイヤの開発及び供給を独占的に集中することを決断しました。」

「ダンロップは、ロードレースや世界耐久選手権といった複数のタイヤメーカーが参戦するイベントにおいて、トップレベルのモーターサイクルレースに勝利を収める能力を証明しましたが、2015年以降に既に予定する広範囲のレース活動を考慮して、今回の入札をしないことを選択しました。しかし、将来において、この可能性を排除しません」と、説明した。

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising