E.アルサモーラ:「マルケスの決断はインテリジェント」

Wednesday, 26 February 2014

右脚腓骨を骨折したマルケスのパーソナルマネージャー、アルサモーラが精密検査後、タイヤセフティーテストの欠場を「知的で非常に成熟した判断」と説明した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは26日、バルセロナ市内の大学病院で骨折した右脚腓骨の精密検査を受けた結果、3月4日から3日間、第16戦オーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットで予定されているタイヤセフティーテストを欠場することを決断。3週間後の開幕戦カタールGPに向けて、万全の状態で臨めるように、引き続き治療とリハビリに専念することになった。

マルケスのパーソナルマネージャー、エミリオ・アルサモーラは26日、「再度レントゲン検査を受けた結果、順調に回復していることを確認しました。骨は離れていません。固まってきました。」

「最終的にマルク本人がフィリップアイランドに行かないことを決断しました。いつものように、インテリジェントで、非常に成熟した判断です。チャンピオンシップは全18戦。緒戦に100%の状態で臨めませんが、最も重要なことは、ポジティブな面を見ること。それは、緒戦に参戦できることです。」

「負傷から僅か7日。緒戦まで3週間です。医師団とチームの助言は、慎重に対応して、しっかり治すことでした。彼はどのライダーたちと同じようにテストを失いたくないですが、元気です」と、マルケスを代弁して状況を説明した。

TAGS 2014 Marc Marquez

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising