第9戦ドイツGP:Moto3™クラスプレビュー

Monday, 7 July 2014

前戦TTアッセンでミラーとフェナティがポイントを稼げず、マルケス、リンス、バスケスが上位に進出して、ポイントギャップが一気に詰まった軽量級。低速トラックで、戦闘力が高まるホンダ勢がKTM勢に挑戦する。

第9戦ドイツGPは、ザクセンリンクで11日に開幕、13日に決勝レースで行われ、サマーブレークを前に、ポイントリーダーのジャック・ミラーにロマーノ・フェナティ、アレックス・マルケス、アレックス・リンス、エフレン・バスケスが挑戦する。

前戦TTアッセンで今季4度目のポールポジションを獲得したミラーは、1番手走行中に転倒を喫して、第6戦イタリアGPに続き今季2度目の転倒リタイヤを喫したが、2011年に参戦したドイツ選手権の経験と今季移籍するまでの最高位(4位)を獲得した当地で、タイトル争いで急接近したライバルたちの挑戦を受ける。

7ポイント差のランク2位、フェナティは、前戦でコースアウトが影響して、ポイント圏外の18位。サマーブレーク前にポイント差を詰めに行く。

7ポイント差のランク3位、マルケスは、第6戦イタリアGP後に実施したプライベートテストでニューシャーシが投入された後、第7戦カタルーニャGPと前戦で2連勝を達成すれば、10ポイント差のランク4位、リンスは2戦前に左足の親指、人差し指、薬指を骨折したが、前戦で今季4度目の表彰台を獲得。昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたトラックに体調を整えて乗り込む。

前戦で今季初の表彰台を獲得したランク8位のミゲール・オリベイラは、勢いに乗って昨年4位に進出した舞台に挑戦する。

地元チームに所属するランク5位のバスケス、前戦で今季の最高位を獲得したランク7位のアレックス・マスボーとランク16位のニッコロ・アントネッリ、成長著しい走りを見せるランク9位のエネア・バスティアニーニ、地元出身のフィリップ・エッテル、ドイツ選手権王者としてワイルドカード参戦するマックス・カプラーらにも注目が集まる。

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising