第9戦ドイツGP:MotoGP™クラスプレビュー

Germany preview MotoGP
Monday, 7 July 2014

開幕から破竹の8連勝で、史上最年少記録を更新したマルケスが、昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたザクセンリンクに乗り込み、当地で4勝を誇るロッシ、3勝のペドロサ、4年連続2位のロレンソ、前戦2位のドビツィオーソ、地元出身のブラドルらの挑戦を受ける。

第9戦ドイツGPは、ザクセンリンクで11日に開幕、13日に決勝レースで行われ、開幕戦カタールGPから史上最年少の8連勝を達成したマルク・マルケスがポイントリーダーとして乗り込む。

1937年にドイツ東部のザクセン州ケムニッツ近郊に建設された当地は、1961年に東ドイツGPとして初開催、1998年にはニュルブルグリンクに替わってドイツGPとして開催が始まり、今年で17年連続29度目の開催を迎える。

雨により、2度のサイティングラップが実行され、マシンを乗り換えるフラッグ・トゥ・フラッグとなった前戦TTアッセンで、マルケスは8戦連続の1列目からMotoGP™クラスでは初めて、最高峰クラスでは、ジャコモ・アゴスチーニ、マイク・ヘイルウッド、ジョン・サーティーズ、ミック・ドゥーハン以来となる8連勝を達成。

サマーブレイクを前に、72ポイント差のポイントアドバンテージを持って、昨年ポールポジションからシーズン2勝目、2010年から4年連続の優勝を飾った低速トラックに挑む。

先週2日に、ヤマハ発動機との契約更新を発表したランク2位のバレンティーノ・ロッシは、来季の動向が決定して、昨年1列目3番グリッドから3位表彰台、最高峰クラスで7度の表彰台を含む4勝(2002年、2005年、2006年、2009年)を挙げた当地に挑戦。

前戦で今季6度目の表彰台を獲得して、ランク2位に同点で並んだランク3位のダニ・ペドロサは、昨年フリー走行3で転倒を喫した際に左鎖骨を骨折したことから、欠場を強いられ、ランク2位に後退したが、2010年から3連勝。得意とするトラックで、ランク2位の奪回、今季初優勝を狙う。

前戦で今季の最高位2位を獲得して、ランク5位からランク4位に浮上したアンドレア・ドビツィオーソは、第7戦カタルーニャGP後のオフィシャルテストで試したECUソフトウェアの投入が予定され、昨年9番グリッドから30秒差の7位だったタイトコースでレーストータルタイムを詰めに行く。

ランク5位のホルヘ・ロレンソは、昨年左鎖骨を骨折した状態で週末を迎えて、フリー走行1で1番時計を記録。フリー走行2で転倒を喫した際に左肩を強打したことから、欠場を強いられたが、2009年から4年連続して2位に進出したトラックで、自信と順位を取り戻したいところ。

トップ5と同様に、オープンオプションの最高位ランク6位に進出するアレックス・エスパルガロと地元出身としてファンの期待を集めるランク8位のステファン・ブラドルに、週末のパフォーマンスだけでなく、来季の就任先にも注目が集まる。

ランク15位の青山博一は、前戦で今季初めてポイント圏内の進出を逃したが、開幕から8戦連続して完走。昨年20番グリッドから17位だった当地で、今季8度目のポイント圏内を目指す。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising