第8戦TTアッセン:プレスカンファレンス

Historic TT Assen welcomes MotoGP™ riders
Wednesday, 25 June 2014

今年で66年目の連続開催を迎えるTT・アッセン・サーキットで、シーズン8戦目が明日開幕。開催前日の共同会見に、ポイントリーダーのマルケスをはじめ、ランク2位のロッシ、ランク3位のペドロサ、ランク5位のドビツィオーソ、ランク7位のエスパルガロ兄、ランク8位のブラドルが出席した。

第8戦TTアッセンのプレスカンファレンスは25日、TT・アッセン・サーキットのプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役たちが出席した。

前戦カタルーニャGPで史上最年少の7連勝を達成したポイントリーダーのマルク・マルケスは、「ヤマハはここで本当に強いけど、バレンティーノとホルヘは個人的にも彼らのライディングスタイルから非常に速い。とにかく、準備を整えるためにベストを尽くそう。」

「天候は不安定で考慮しなければいけないけど、みんなが同じ条件となるから、自分たちの仕事に集中しないと。チャンピオンシップの序盤より、アドバンテージがあるから、あまりプレッシャーを感じない」と、58ポイント差が余裕をもたらすことを説明。

前戦で4戦連続5度目の表彰台を獲得して、昨年45年ぶりに優勝した舞台に戻って来たランク2位のバレンティーノ・ロッシは、「M1にとってグッドなトラックだけど、今年は異なる。良い感じで強さを感じる。マルクは1年の経験を積んで強い。ホルヘは昨年怪我をするまでは速かった。昨年は僕のベスト予選だった。1列目からのスタートは助けとなるけど、トップ5が予選の目標」と、前戦に続き、予選の重要性を強調。

前戦で課題に挙げていた右前腕の回復、予選とレース序盤のパフォーマンスで好成果を見せて、優勝争いの末に3位を獲得。最高峰クラスの表彰台獲得ランキングで単独3位に躍り出たランク3位のダニ・ペドロサは、「全体的に以前より良く、バルセロナは大きな後押しとなった。体調は良い。レース前は少し心配していたけど、上手く走れて、良い感じがあった。レースから10日間が経過したから、もっと良くなければいけない」と、5月6日に受けた手術から回復して、パフォーマンスが上がっていることを説明。

2011年から2年連続して3位表彰台を獲得したトラックでホンダ勢、ヤマハ勢に接近したいランク5位のアンドレア・ドビツィオーソは、「冬の間に一歩前進して、シーズン中は細かい変更に取り組んでいるけど、ドゥカティの大きな進歩は来年だ。ランク5位はそれほど悪くない」と、シーズンを評価。

「契約更新に関しては、まだ少し早い。バルセロナから話し合いが始まり、早い時期に決断を下すことができるか様子を見よう」と、ドゥカティとの間で契約の延長に関して交渉が進んでいることを明かした。

オープンオプションで最高位のランク7位に進出するアレックス・エスパルガロは、「ここ数戦は優勝者からそれほど離されずにフィニッシュすることができたから、昨年よりも嬉しい。ヤマハがアッセンで強いと言うから楽しみだ。弟ポルとのギャップは4ポイント差だから、僕の最大のライバル。彼を負かすことにトライしよう」と、兄弟対決になることを期待。

前戦で今季3度目のトップ5に進出したランク8位のステファン・ブラドルは、「バルセロナでは1ラップ目から良い感じがあり、上手く週末をまとめることができた。アッセンはドイツから遠くないから、ドイツのファンから応援が受けられることは良い。事後テストでリアグリップが高まり、コンスタントなラップタイムで走れるようになったから楽観的だ」と、上位進出に自信を見えた。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising