ドゥカティ、ファクトリークラスからオープンクラスへの変更を否定

Friday, 10 January 2014

イギリスの専門サイト、bikesportnews.com(バイクスポーツニュース)は、イタリアを中心に報道されたドゥカティのファクトリークラスからオープンクラスへの変更に関して、否定するニュースを配信した。

独自に開発する電子制御を犠牲にして、燃料やタイヤアロケーションなどのアドバンテージを利用するために、2014年に投入する4台を全てオープンクラスに投入する報道に関して、ドゥカティのプレスオフィサー、ジュリアン・トーマスは、「ドゥカティは、チャンピオンシップにおける将来の技術的な方向性に向けて、新たなオープンクラスでポテンシャルを探求することが重要と考え、プラマック・レーシングのヨニー・エルナンデェスが、その規定に従ったクラスに参戦することを決断しました。」

「現状、オープンクラスに関して、それ以上の計画はありません。他のライダーたちは、2月4日から6日まで実施されるセパンでのオフィシャルテストでGP13とGP14の比較に取り組みます」と、当初の計画に変更がないことを明白に説明した。

TAGS 2014

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising